T

【TARO SOUL】プロフィールや美人嫁・経歴まとめ

TARO SOULは神奈川県藤沢市出身のラッパーです。

ラップスキルの高さとフロー特徴的な、唯一無二の存在です。

この記事では、TARO SOULさんの過去から現在に至るまでを掘り下げて紹介していきます。

TARO SOULのプロフィール

MCネームTARO SOUL
本名磯崎 太郎
出身神奈川県藤沢市
誕生日1981年8月4日
学歴早稲田大学政治経済学部
所属SOUL SPIT RECORDS
SNSTwitter / Instagram

TARO SOULは1981年8月4日に神奈川県藤沢市で誕生します。

早稲田大学在学中は数多くのラッパーを輩出したサークル「ソウルミュージック研究会GALAXY」に参加しました。

2018年には自主レーベルを設立し制作活動をより強化しています。

TARO SOULの読み方

TARO SOULの読み方は「タロウ ソウル」です。

TARO SOULの名前の由来

TARO SOULのMCネームは、本名とかつて製作した楽曲に由来します。

TARO SOULは活動当初、本名の「太郎」という名前で活動していました。

KEN THE 390とともに「太郎&KEN THE 390」として制作したインディーズアルバムの中で、「TARO SOUL」というソロの曲を作成します。

この曲を機にTARO SOULは自身のスタイルを自覚し、アーティスト名をTARO SOULに変更しました。

TARO SOULは結婚している?家族は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

TARO SOUL(@tarosoul)がシェアした投稿

TARO SOULは、2015年に結婚しています。

奥さんはかなり美人です。

TARO SOULは3人のお子さんのパパです。

2017年には双子の姉妹が誕生し、2021年3月には3人目のお子さんとなる女の子が生まれました。

またTARO SOULの父親は木版画家の磯崎眞澄さんです。

学歴

TARO SOULは早稲田大学政治経済学部を卒業しています。

政治経済学部は早稲田大学の中でもトップクラスの偏差値を誇る学部です。

高校は進学校の神奈川県立鎌倉高校に在籍していました。

鎌倉高校はスラムダンクの踏切の舞台になったことでも有名な高校です。

ファッション

 

この投稿をInstagramで見る

 

TARO SOUL(@tarosoul)がシェアした投稿

TARO SOULはストリートブランド「LAFAYETTE(ラファイエット)」の服を愛用しています。

アイテムではキャップを着用していることが多いです。

趣味

TARO SOULの趣味はバスケットボール観戦です。

主にNBAの試合を観戦しており、ゴールデンステートウォリアーズのステファンカリーを特に応援しているようです。

TARO SOULの過去・経歴

 

この投稿をInstagramで見る

 

TARO SOUL(@tarosoul)がシェアした投稿

TARO SOULは大学入学後に音楽サークル「ギャラクシー」参加したことを機に本格的にラッパーとして活動を始めます。

友人ラッパーとのコンビでデビューののち、ソロデビュー。

2021年10月には自主レーベル設立後2枚目のアルバムをリリース予定です。

HIP HOPとの出会い

TARO SOULはマイケルジャクソンやジェームズブラウンが流れる家庭で幼少期を過ごします。

その中でヒップホップに没頭し、ヒップホップの4代要素であるダンス、グラフィティ、DJ、ラップの全てにふれた青春時代をおくりました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

TARO SOUL(@tarosoul)がシェアした投稿

娘さんの上履きにグラフィティを書いたりもします。

ラップを始めたきっかけ

TARO SOULは早稲田大学に入学し、入学式で出会った「ソウルミュージック研究会GALAXY」に加入することを決めます。

加入当初はラッパーになるつもりはなく、DJ志望でした。

サークル同期の「なのるなもない」のラップのカッコよさに影響を受け、自身もラッパーになることを決意しました。

ラッパーとしての経歴

TARO SOULは18歳の時にラッパーとしての活動を本格化しました。

2005年にKEN THE 390とのユニットでインディーズデビュー、2008年にはソロでメジャーデビューを果たします。

2012年にはDMC 2012 World ChampionのDJ IZOHと「SUPER SONICS」 を結成。

2018年にはソロ活動を強化しレーベル「SOUL SPIT RECORDS」を設立し、9年ぶりのソロアルバムをリリース。

2021年10月には同レーベルから新しいアルバムをリリースします。

デビュー作品

 

この投稿をInstagramで見る

 

TARO SOUL(@tarosoul)がシェアした投稿

TARO SOULのインディーズデビュー作は、太郎&KEN THE 390としてリリースしたアルバム「JAAAM!!!」です。

ソロでのメジャーデビュー作品はミニアルバム「BIG SOUL」です。

ラップスタイル

TARO SOULのラップスタイルは、歌のようなメロディーを交えたフローが特徴です。

R-指定も「歌とラップの中間のようなすごいスタイル」とラジオで評価していました。

そのスタイルはヒップホップシーン以外からも注目され、May Jや加藤ミリヤなどの楽曲に参加しています。

所属しているレーベルやチーム

TARO SOULはさらなるステップアップを目指しソロ活動を強化するために、2018年にレーベル「SOUL SPIT RECORDS」を設立しました。

インディーズデビューアルバムはDa.Me.Records(ダメレコード)、ソロデビューアルバムはキューンレコードからリリースしました。

ソロでの活動に加え、2012年からはDJ IZOHと「SUPER SONICS」として活動。

また2021年9月にはKEN THE 390とのユニット「TARO SOUL & KEN THE 390(通称:タロケン)をリユニオンさせ、アルバムをリリースしています。

TARO SOULの仲のいい人物

TARO SOULの仲の良い人物は、KEN THE 390です。

早稲田大学の音楽サークル「ソウルミュージック研究会GALAXY」で出会い、インディーズデビューから現在まで親交が続いています。

また、「なのるなもない」や「DEJI」、「志人」もサークルの同期です。

TARO SOULのオススメ音源

TARO SOULのおすすめの音源を3曲紹介します。

Lego!! Remix

盟友KEN THE 390の楽曲に、SKY-HI、KLOOZ、環ROYとともにリミックス参加した1曲。

オリジナルのサビの「People Say Hello」に対し「T to the A.R.O」と踏むセンスに鳥肌が立ちます。

Daydream


DJ松永プロデュースの1曲。

KOPERU、R-指定、MUMA、LB、TOCと名だたるラッパーが参加する中でもTARO SOULの特徴的なフローのカッコよさが際立ちます。

We Back


TARO SOUL & KEN THE 390リユニオンアルバム「LAP RECORD」 に収録の1曲。

TARO SOULのソウルフルなバイブスが全快です。

まとめ

今回はTARO SOULさんについて紹介しました。

唯一無二のソウルフルなスタイルで、いつも新曲を聞くのが楽しみなアーティストです。
これからもTARO SOULの活躍が楽しみです。

ABOUT ME
ラップ&CBD
ラップ&CBD管理人。