ラッパー紹介

【MIYACHI】話題のバイリンガルラッパーのプロフィールやルーツを紹介!

アメリカ・ニューヨーク在住のラッパーで、最近話題となっているMIYACHI。

「英語わかりません」と繰り返すサビが話題になり、Spotifyの人気チャートにて1位を獲得したことのあるラッパーです。

この記事では、

  • MIYACHIのプロフィール
  • MIYACHIのルーツ
  • MIYACHIの経歴

をまとめました。

MIYACHIのプロフィール

名前:MIYACHI(ミヤチ)

本名:レオン・ミヤチ・パール

生年月日:1993年2月12日

大学:テンプル大学

MIYACHIはアメリカ・ニューヨークに在住する、日本人の母とアメリカ人の父との間に生まれた日系アメリカ人ラッパーです。

ニューヨークはマンハッタン、アッパー・ウエスト・サイドの音楽一家に生まれました。

クラシックピアニストの両親の元に生まれ、高校入学するとMIYACHIは作詞活動を始めます。

フィラデルフィアにあるテンプル大学では音響工学を学び、22歳で大学を卒業後およそ3年で有名なラッパーとして名を響かせています。

日系アメリカ人として、アメリカから日本に発信するというスタイルで唯一無二のポジションを確立しています。

MIYACHIのルーツ

MIYACHIは、17歳の時に周りで友達がラップしているのに影響を受けてラップを始めます。

最初は英語のラップをしていましたが日本語もまぜてラップしたところ、思ったより周りから反響があり今の日本語と英語を織り交ぜた魅力的なスタイルへと変わりました。

また、アメリカに住んでいながらジブリやアンパンマン、ドラえもんなどといった日本の文化に触れる機会が多く、このような経験も今のスタイルに繋がっているのかもしれません。

大学に入ったMIYACHIは、大学から近いフィラデルフィアに引っ越します。

しかし、色々と問題があり「もっとラップをうまくなりたい。人生キツイけど頑張る。」と決意し『BAD&ブジ』という楽曲をYouTube上で発表。

本格的にラッパーとして歩むことを決意します。

MIYACHIの経歴

MIYACHIが注目を浴びるキッカケとなった楽曲は、2017年に発表したミーゴスの代表曲『Bad&Boujee』のビートジャックである『BAD&ブジ』です。

この曲は人気YouTuberのブライアンさんが紹介したことでも有名になりました。

また、MIYACHIは他のラッパーやアーティストともコラボしています。

AKLOとkZmと共に『KILL IT EYDEY』をリリース、アルバムでは韓国のJay Parkが参加しています。

また、MIYACHIがリスペクトしているANARHCYの『Run It Up』に客演として登場するなど豪華メンツとのコラボを実現しています。

そしてRADWIMPSの『THE TONGUE』という曲に客演で登場し、ツアーでは3万人の前でラップを披露しました。

この時の事を、あんなにたくさんのお客さんからのエネルギーを感じたことは今までなかったとMIYACHIは語っています。

気になっているアジア圏のアーティストとしては、インドネシアのラッパーRamengvrlの名前をあげており、今後2人のコラボが期待されています。

更にMIYACHIを詳しく知りたい人は

MIYACHIに関してもっと深く知りたい人は、YouTubeチャンネル「Hip Hop DNA」でのインタビューを見ることをおススメします。

Hip Hop DNAは日本で恐らく1番HIPHOPに詳しい「志保渡辺」がインタビューをしています。

まとめ

日本だけではなく世界的にその人気を広げているラッパーのMIYACHI。

日本に来ることは多くはありませんが、今後も有名になっていくであろうラッパーなので引き続きチェックしたいですね。