な行

【MC☆ニガリ】プロフィール・ベストバウト・ラップバトルの戦績など

MC☆ニガリa.k.a赤い稲妻は、ラップバトル界での若手〜中堅クラスのラッパー。

第3回高校生RAP選手権が初舞台ながらも、会場を完全にロック。

瞬く間にラップバトル界でスターになりました。

そんなMC☆ニガリのプロフィールや彼女の有無、ベストバウトなどを紹介します。

MC☆ニガリのプロフィール

MCネームMC☆ニガリa.k.a赤い稲妻
読み方エムシーニガリエーケーエーアカイイナズマ
本名羽柴教生(はしばかずき)
学歴長野県立高遠高校卒業
部活野球部
SNSTwitter / Instagram

MC☆ニガリの過去・経歴

hip-hopとの出会い

友人と行ったカラオケでRAPの存在を知ります。

ネットでたまたま般若を聴いたことがhip-hopとの出会い。

それまでは流行りの曲、父親が持っていたCDの長渕剛やCHAGE&ASKAを聴いていたようです。

hip-hopを始めたきっかけ

「ぶっちゃけ暇だったから」(ニート東京より)

主なバトルの戦歴

2013年第3回高校生RAP選手権でデビュー(以降第7回まで5回連続出場)
2014年第6回高校生RAP選手権優勝
同年、UMB2014東京予選優勝
2015年第7回高校生RAP選手権優勝(史上初2連覇達成)
同年、UMB2015長野予選優勝
同年、King Of Kings出場(当時最年少)
2016年UMB2016長野予選優勝
2017年UMB2017長野予選優勝
2018年UMB2018東京予選優勝
同年、フリースタイルダンジョン制覇(史上3人目)
2019年UMB2019 revenge代表
2020年UMB2020長野予選優勝
2021年UMB2021茨城予選優勝
同年、SPOTLIGHT2021優勝

デビュー曲

『こんばんは』

事件・逮捕

「今までにした、一番悪いことは?」というインタビューに対して、「高校卒業したときに運転免許を取らなかったこと」と答えています。

事件や逮捕は確認できません。

ラップスタイル

その場でアンサーを返すのが得意。

劣勢と思われてもカウンター一発で会場の雰囲気をひっくり返します。

晋平太曰く、「ネタなし、本当のフリースタイラー」

所属しているレーベルやチーム

Libra Records所属。

チーム「ニガマムシ」として、じょう、Rude-αと共にフリースタイルダンジョンへ参戦。(ラスボス般若戦まで到達、般若とはじょうが対戦し、敗戦)

最近の活動

2021年現在もバトルイベントに積極的に参加。

UMB2021茨城予選優勝や、SPOTLIGHT2021優勝など、更にスキルと力を身につけている印象を受けます。

音源では『5Z』を2021年7月に発表。
(客演にJAYPAY、じょう、裂固、SKRYU)

仲のいい人物

晋平太

UMB2014東京予選を2日後に控えた日、晋平太から「ニガリ、明後日、暇?交通費出すから東京来てUMBの東京予選出なよ」と連絡を受け、当日、優勝をかっさらいます。

また、GOMESSとのワンルームの生活に困窮していたニガリに対して、ナマステハウスを紹介したのも晋平太です。

GOMESS

第3回高校生RAP選手権1回戦で対戦後、親交を深めました。

卒業後に東京に来るよう誘ったのもGOMESS。

その後、不仲説が噂されますが、2020年に真ADRENALINEにてバトルで共演。

バトル終了後にはハグ、タッチ、しっかりと握手。

GOMESS勝利後、「ハンパじゃないな。流石GOMESSさん」と第3回高校生RAP選手権で使ったワードをセルフサンプリング(自分で自分の歌詞を使い回し)しました。

じょう


第6回高校生RAP選手権で共演。

第6回では対戦はなかったものの、第10回高校生RAP選手権でじょうが優勝した際にニガリが祝ってくれたそうです。

その後、フリースタイルダンジョン東西対決や戦極U-22で対戦。

バトル中に金の貸し借りの話題を出すなど、舞台上だけの関係ではないことがわかります。

また、たびたびYouTubeで共演をしていて仲の良さがうかがえます。

MC☆ニガリのベストバウト5選

〜第3回高校生RAP選手権(対GOMESS)〜

ニガリ、初の表舞台。

対戦相手は前回大会準優勝者GOMESS。

緊張のなか、全身真っ赤な衣装を身にまとった少年が伝説を残します。

「赤い稲妻赤コーナー、から一発RAPかまそうか」

高校生RAP選手権は長く続きますが、このラインは後の高校生達から数多くサンプリングされます。

また、GOMESSの

「コイツの抽象的なmotherなんとかは聞き飽きた」

というラインはRAPバトル界全体に向けて放たれており、とても重いラインだと思います。
(直前にニガリは「mother f○cker」というバトルのテンプレートを使っています)

それを受け、ニガリ渾身のパンチライン。

「流石GOMESSさん、ハンパじゃないな、でも優勝すんのあんたじゃないわ」

相手を上げた後に落とす振り幅と7音の韻を落とすという高等テクニック。

初出場、RAP歴3ヶ月、おじいちゃんっ子で田舎っ子、素朴な見た目、相手は前回大会準優勝者…明らかに劣勢に見えるなか、会場の期待を良い意味で裏切りました。

結果はニガリの勝利。

このバトルがニガリ伝説の始まりと言って良いでしょう。

〜UMB2014東京予選(対NAIKA MC)〜

ニガリ初のUMB参戦。当時高校生。

猛者揃いの激戦区東京予選。そして、1回戦に遅刻。

遅れて来ておいてバッタバッタと実力派MCを倒し、決勝へ。

先攻NAIKA MC。

「俺はUMB最後の門番。お前を行かす訳にゃいかねーなー」
「生で見せてやるぜ。大人は怖ぇぞー」

これを受けて、後攻ニガリ。

「大人は怖ぇ、大人は怖ぇ、たしかにそれ間違いねぇ、でも恐れを知らねぇガキが一番怖ぇ。お前にそいつを教えてやるぜ」

「何、大人が怖ぇ、大人が怖ぇ、つか言葉が弱ぇ。お子様だと思ってナメてっと後で怪我するぜ。先攻とっちゃって墓穴掘った、だったら俺が頂いてまうわ」

NAIKA MC

「言葉弱ぇ?じゃここまで来てねぇよ。負けるかもしれねぇ、俺だって背水の陣だ。てめぇに未来がある、俺にも未来がある。切り開くぜfor the futureそれがNAIKA」

ニガリ

「負けるかもしれねぇ、それは皆一緒。俺だってリスク背負ってここに立ってんだクソ野郎。NAIKA MC間違いねぇこともわかってるよ、だけど俺は街をレペゼンしてる、ここで東京を獲らなきゃ男が廃れるぜ」

終了後すぐ、DJすらも拍手してしまう、予選決勝に相応しいベストバウト。

ニガリの勝利が決定すると、NAIKA MCはニガリの右手を持って高く突き上げ賞賛。

当時高校生のMC☆ニガリが激戦区東京を獲る、伝説のバトルです。

〜UMB2016本選(対NAIKA MC)〜

UMBで二人が戦うのはUMB2014東京予選ぶり。
NAIKA MCにとってはリベンジの機会。
群馬と長野、それぞれの地元を背負っての対決となります。

始まる前からニガリを睨み続けるNAIKAが先攻。

「久しぶりだなニガリ、誰がDJかけてどこで何やってたか思い出すよな。立派になったな腹も身体も。ほっせー高校生だったかよ、ナメてかかっちまって負けちまったなぁ。長野県背負って、俺は群馬背負ってるぞ」

2014東京予選で負けたことを自ら言葉にし、ほぼ語り口調のフロー。

対して、後攻、ニガリ。

「それでまた1バース終わったのか?早くRAPを始めてくれよ。ただ喋ってるだけでビート乗りこなせない、ここでオヤジ狩りが始まりだ。セロリがかけて、俺が勝つ。これが前と同じことだ、わかったか?」

語り口調のNAIKAに対し、痛烈なdisを一言目に。
『蜂と蝶』のビートに乗せ、心地良いフローでdisすることで会場はぶち上がります。

「変に小細工を覚えたせいで『バトルはスキルだろ』みたいな…。逆に言うと、勝ちに行けるところがそこしかなかった」とニガリは後に語っています。

ニガリのdisに対し、NAIKA

「いいか覚えとけ、RAPってのはおしゃべりの延長だよ。俺は俺のスタンスを崩す訳にはいかねぇ。俺に対してもっと他に言うことあんじゃねぇのかよ?」

ここでもやはりビートに乗る、というよりもしゃべりと怒鳴りのフロー。

このNAIKAのアンサーに対し、ニガリは同じ内容を繰り返すミス。
『蜂と蝶』のサンプリングをするのがやっと、といった感じです。

NAIKAは聞き逃さず
「『ブンブンバッ』とか糞ベタだろうが、蜂でも蝶でもねぇよお前は。丸っこいフクロウだよお前はよ」
とサンプリングも見た目もdis。

ニガリも長野の先輩、YOU THE ROCK☆のサンプリングをするも会場は上がらず。
(丸っこいフクロウというdisを「俺真っ赤な目をしたフクロウ」でアンサーしたのは個人的にとても上手いと思います。)

NAIKA、最後のバース。

「おめぇのオジキとおめぇごとどかして群馬が勝ってやるよ。YOU THE ROCK☆は最高、ニガリも最高、その上を超えるNAIKA MCが最強」

ニガリも最後までビートに乗ってフローしますが、判定の末、敗戦。

NAIKA MCがリベンジを果たしました。

このバトルの良さは、ニガリのビートに乗るフローの心地良さ。
しゃべり口調のNAIKAとの相対的な立ち位置も素晴らしいです。

〜ADDVANCE STARTOURS(対韻マン)〜

「二人とも踏みすぎ!踏みすぎ踏みすぎ!」というバトル。

韻マンといえば、その名の通り韻に特化したラッパー。
若手の中で韻のスタイルを確立している有望株。
母音が多少ズレても、語感とイントネーションで踏み続けます。
派手な見た目も相まって、若年層から圧倒的な支持を獲得中。

そのような若手のホープ(ニガリも十分若いですが)に対し、韻で真っ向勝負するニガリのバトルは見ものです。

先攻、韻マン。

「押韻なんてもんはなし、いつものさ調子、drinks on me俺の奢り、交通事故防止オビワンケノービ、独立行政法人、宴にah ah」

本当に適当な押韻を受けて、後攻ニガリ。

「相変わらず韻満載、韻マンさん言葉の爆弾たくさん拡散してくれるんじゃないの。なにも隠さん俺はこのステージ、スケさんカクさん一切必要ない、俺は一人ぼっち締めてる肛門。水戸黄門よりお前のことをこのビート上翻弄。わかってるんだろ韻マン、お前のやり方乗ってやるぜ。淫乱なるビッチじゃないけどイキがらないぜ、また粋なバース続けていく、一気呵成に攻め込んで、一気に飲み干してく、このステージ奇跡的領域フリーキーフローならどっちも俺なら負けないだろう」

ニガリは意味を通しつつも、頭韻(単語の頭文字の子音を合わせる)や脚韻(単語の母音を合わせる)を織り交ぜ、意味不明なほど踏み続けます。

ニガリに触発されて、韻マンもエンジン始動。

「淫乱からまた淫乱好き、暇潰しにこの場所いざ出陣。韻マン流儀、人脈作り、クン○の最中に金玉潰しhaha。芸術残すサルバドールダリ、お前の伝説も遥か大昔」

このバトルで初めてディスられ、ニガリ。

「別に全盛期とか昔の話だ、メッセージ?けんけんパで現場からまたテンパってる訳ではないな天パ、illなアンテナ張ってる奴ら分かるはずだ、あってないような安定感だぜ、全盛期は今今今今今韻マン、分かってないのが忌々しいな、俺ニガリだ理解しな」

「俺も昔はそんな感じだった、ケツばっかり追いかけちゃってさ、でも楽しいのもわかるし俺こいつ程踏めないから、ぶっちゃけ韻マン羨ましい。けどRAPでいったら俺の方が上手らしい」

押韻対決にしっかり終止符を打ったニガリ。

バトル終了後すぐに韻マンが「強い強い強い…強ーい!」と叫ぶほどの実力。

踏みまくった韻マンの善戦むなしく、ジャッジの歓声は完封、ニガリの勝利でした。

〜第10回高校生RAP選手権(対Rude-α)〜

disだけがバトルではないことがわかる名バトル。

とてもピースフルなバトルです。

相手は同い年のRude-α。
二人は第6回の決勝で当たっていて、そのときはニガリの勝利。
Rude-αにとってはリベンジの機会。

紹介VTRでは、上京したRude-αが風邪をひいたときの孤独感が映し出されていました。

それを受けて、ニガリ先攻。

「お前がもし、風邪で倒れたりしたらいつでも俺のこと頼ればいいぜ」

バッチバチなdisを得意とするニガリが放った温かい言葉に、会場も上がります。

対してRude-α。

「俺もお前のこと、何か言われてもずっと、愛してる、愛してるよ、何を言っても変わらないけど、俺は超えてく準優勝を。覚えとけレペゼン琉球王朝」

字面を追ってるだけでも泣けます。

そして延長へ。

Rude-α先攻。

「俺はお前と出会って何か変わったような気がしたんだよ、ニガリ、もっと笑え、未来はもう既に俺らの手の中」

対して、ニガリ。

「未来は既に手の中、そして最高な景色がこの目の中、映ってる。誰の爪の垢、煎じるよりもただ単にRAPするバカ」

「一代、一世一代のフリースタイル、1番ぶち上げてやんだよ俺らが。望むとこだぜもう1回。楽しんでいくぜ今日いっぱいok?」

…僅差の延長戦を制したのはニガリ。

延長終了後は感動のあまり、しばらく会場の拍手が鳴り止みませんでした。

まとめ

以上、MC☆ニガリa.k.a赤い稲妻について紹介しました。

2013年に突如としてMCバトル界に現れ、今なお輝き続けるニガリ。

彼のパンチラインはたびたびサンプリングの対象になります。

あなたの好きなラッパーが放ったパンチラインが、”実はニガリのサンプリングだった”ということもあるかもしれません。

一度、ニガリのバトルをチェックしてみてはいかがでしょうか?

そこにはMCバトルでの主人公のような物語が広がっています。是非どうぞ!

ABOUT ME
ラップ&CBD
ラップ&CBD管理人。