サブスク

【30日無料】Google Play Musicの料金や登録方法、未配信のアーティストまで解説

検索エンジンとして日本でもとても有名な「Google」が出している「Google Play Music」をご存知ですか?

契約した際にスマホに元々入っていた方もいるかと思います。

SpotifyやApple Musicの知名度と比べるとGoogle Play Musicは他の音楽配信サービスの影に隠れがちです。

曲数など有名なところには及ばないところもありますがGoogle Play Musicには音楽以外にも嬉しいサービスがあります。

今回の記事ではGoogle Play Musicのプランや料金、登録方法や未配信のアーティストまで解説していきます。

またGoogle Play Musicは終わるとの噂もありますがそちらについても調べてみました。

Google Play Musicとは

Googleが2011年に開始した音楽配信サービスです。

GoogleからのサービスではありますがAndroidだけではなくどなたでも利用できます。

特徴としては「YouTube music」と連携がとれる所があげられます。

どちらかの有料プランに登録すればもう片方が使えるシステムで、特にYouTubeで音楽を利用されている方は多いと思いますので有用なサービスと言えるのではないでしょうか。

またGoogle Play Musicのもう一つの特徴として楽曲をクラウドに保存することができます。

その数は圧巻の5万曲、音楽で容量を圧迫されていた方には嬉しいサービスと言えますね。

Google Play Musicが終わるとの噂について

結論から述べますと
「まだだが、終わってもおかしくはない」
ですね。

Googleは2019年9月にこれからのAndroidの10と9の端末にGoogle Play MusicではなくYouTube musicを標準搭載すると発表しました。

2019年12月にサザンオールスターズがサブスク解放しました。

YouTube musicでは解放されていますがGoogle Play Musicでは解放されていません。
安室奈美恵も同じ状態です。

Google Play Musicが終わるのではなくYouTube musicに統合するみたいですね。

ですので、上記したものはYouTube musicの方に利用者を流す狙いがあるとみていいのではないでしょうか。

Google Play Musicのプラン

Google Play Musicには

  • 無料プラン
  • 個人プラン(980円)
  • ファミリープラン(1480円)

のプランが用意されています。
1つずつ解説していきます。

無料プラン

無料プランの主な機能はストリーミング再生(通信しながらの再生)です。
おすすめの表示や、音楽データのアップロードなども無料ですることができます。
音楽データをアップロードすることによって、スマホの容量を節約することができます。

フル再生やダウンロードはできません。

個人プラン

曲をダウンロードしてオフラインでの再生や曲を自由にに聴けるようになります。
また、YouTube musicとの提携が取れるようになります。

有料のプランに登録すると30日間のお試し期間になります、この間に好きなアーティストがいるか、使い勝手はどうか、あとはYouTube musicも試してみると良いと思います。

ファミリープラン

ファミリープランと言う名前ではありますがgmailアドレスがわかる方であれば家族でなくとも利用することができます。

購入した人のGoogle familyに参加するか、ご自分で購入して他の方を誘うことができます。
人数は自分を入れて6人まで、つまり誘える人数は5人となります。

Google Play Musicとその他のサービスの比較

今回はは大手の

  1. apple music
  2. spotify
  3. LINE MUSIC

の3社と比較していきます。

Google Play Music

  • 曲数4000万曲以上
  • 980円 1480円 無料の3つのプラン
  • 無料体験30日あり
  • 音質 最高320kbps

Google Play Musicの基本情報です。

apple music

  • 6000万曲以上
  • 480円 980円 1480円の3つのプラン
  • 無料体験3ヶ月あり
  • 最高 256kbps

曲数はapple musicの方が多いですね、無料体験もこちらのほうが長いです。
apple musicは安定な使用感があります。

Google Play Musicには無料のプランがありますが自由に聴くことは出来ないのでご参考程度に。

音質はGoogle Play Musicの方が高い数値が出ていますので音質にこだわる方は無料期間など利用して聴き比べてみてください。

spotify

  • 5000万曲以上
  • 料金 480円 980円 1480円 無料の4つのプラン
  • 無料体験1ヶ月あり
  • 最高 320kbps

世界的に最大手のspotify、無料プランのボリュームが業界1でしょう。
音質もGoogle Play Musicと同じ320kbpsで無料体験の期間も同じです。

曲数もこちらのほうが多いので数字だけ見ると負けてしまいますが、Google Play MusicにはYoutube musicとの提携や5万曲を保存できるなどのメリットがあります。

また、spotifyは曲数が5000万曲ありますが様々な国の曲が入っております、邦楽がメインではないので日本のマイナーなアーテイストなどは聴けない可能性もあります。
無料期間や無料登録をして確認してみましょう。

LINE MUSIC

  • 6000万曲以上
  • 無料体験3ヶ月あり
  • 最高 320kbps

料金

980円(年9600円の支払いプランもあり)
480円
1480円(年14000の支払いプランもあり)
の3つのプランと5つの支払い方法
Android専用プランで
月々500円(月に20時間までの制約有り)
月々300円(月に20時間までの制約有り)
の2つのプランもご用意されています。

今や連絡手段として欠かせなくなっている「LINE」から提供されているのがLINE MUSICです。

年間でまとめて払えば安く使えたり、LINEの着信音に曲を設定できたりとLINEならではのサービスもあります。

曲数はapple musicと同じ6000万曲、プランも年間で支払えばかなり安く済みますね。

無料期間も3ヶ月と長く、音質もいいです。
サブスクリプションサービスの面だけで比べたらLINE MUSICには及ばないかもしれません。

Google Play Musicの利点としてYoutube music との提携がありますその特典としてYoutubeの視聴するときの広告が非表示になります。

他にも色々と特典がありますのでYoutubeをよく利用する方はついでに音楽が聴き放題になると考えればお得かもしれませんね。

Google Play Musicで聴けないアーティスト

上にも書きましたが安室奈美恵やサザンオールスターズは聴くことができません。
ですが、連携しているYoutube musicでは聴くことができます。
聴きたい曲ある場合は2つ探してみるのがいいと思います。

Google Play Musicの登録方法

Google Play Musicに登録するにはまずGoogleアカウントが必要になります。

Googleアカウントの発行手順。

  1. Googleの検索ページにアクセス
  2. 右上のログインをクリック
  3. ログイン画面のその他の設定をクリック
  4. アカウント作成をクリック
  5. 必要な情報を入力して完了です

Google Play Musicの登録方法です。

アプリをインストールして利用することもできますし、ウェブ上で利用することもできます。

  1. アプリをインストール
  2. 利用プランを選ぶ

※クレジットカードかギフトカードの情報がないと利用できないようです。

Google Play Musicの解約方法

解約の方法はとても簡単です。

  1. Google Play Storeにアクセス
  2. 左上の3本線のところをクリック
  3. アカウントから定期購入をクリック
  4. 解約を選択し完了です

解約後も期間中はサービスを利用することが出来ます。

まとめ

Google Play Music自体はもうすぐ終わってしまうかもしれませんがYouTube Musicと提携しているので継続的にサービスを受けることは出来ると思います。
登録も解約も簡単に出来ます、無料の期間もあるので興味を持った方はぜひ一度登録してみてください。

Youtube musicに統合する関係なのかGoogle Play Musicでは聴けないアーテイストもいますが、有名なアーテイストは揃っていますので不便すぎることはないと思います。

5万曲を保存するアプリとしても利用できるので容量に困っている方も利用してもらえればと思います。

普通の音楽配信サービスとは一味違った利用方法や提携サービスががあるGoogle Play Music、気になった方はぜひ登録してくださいね。

ABOUT ME
ラップ&CBD
ラップ&CBD
ラップ&CBD管理人。
2020年日本語ラップ新譜まとめ
2020年日本語ラップ新譜まとめ