まとめ記事

ZORNのオススメの楽曲【10選】ZONE THE DARKNESS時代もまとめ

ZORN(ゾーン)は、東京都葛飾区新小岩出身のラッパーです。

「フリースタイルダンジョン」初代ラスボスとして知られる般若(はんにゃ)のレーベル、昭和レコーズに在籍していた彼(2019年7月に脱退を発表)。

脱退後も、MACCHOANARCHYら、大物ラッパーを客演に招いた曲を発表するなど、精力的に活動しています。

独創的なリリックで唯一無二の存在としてシーンで独特の輝きを放っています。

また以前は、ZONE THE DARKNESS名義で活動していました。

今回は、そんなZORNのオススメの10曲を紹介していきます。

ZORNのオススメ曲10選

 

この投稿をInstagramで見る

 

ZORN(@_zorn_)がシェアした投稿

奮エテ眠レ / ZONE THE DARKNESS


2010年リリース。ZONE THE DARKNESS時代の楽曲。

不可思議/wonderboyやMOROHAにも通じるような、ポエトリーリーディングとラップの間のようなフロウの曲です。

「実るほど頭を垂れる稲穂かな」のことわざをサンプリングした「稲穂は実る程に頭が下がる」というリリックが印象に残りますね。

Sweet Flavor (Produced by Yakkle) / ZONE THE DARKNESS


2011年リリースの楽曲。

『奮エテ眠レ』とは打って変わってクラシックなフロウを披露してくれています。

ミュージックビデオでは若かりし金髪時代のZORNの姿が確認できます。

雨、花、絵描き。 / ZONE THE DARKNESS


売れない絵描きと、それを支えた恋人の蜜月と離別、それから再開をドラマチックにストーリー仕立てで語る曲。

これだけ韻を踏みながらストーリーを語れるのはすごいですね。
孤高のラッパー、志人の作品にも通じるところがあるような気がします。

葛飾ラップソディー feat.WEEDY / ZORN


ZORN名義での2015年リリースのアルバム『The Downtown』収録曲。
ラッパーのWEEDYを客演に迎えた1曲です。
地元の葛飾区のことを歌うリリックが郷愁を誘います。揺れるようなギターのフレーズも印象的ですね。

Life goes on feat. SAY / ZORN


2014年リリース。

般若の妻でもある歌手のSAYをフィーチャーした1曲。

夢に向かって努力する姿をストレートに表現しています。スキルが高いのでクサく聴こえないのはZORNの強みですね。

My life / ZORN


『The Downtown』収録曲。

自分の娘や妻に対しての感謝と愛を綴った歌詞です。

変わりない毎日でも彼女らがいれば幸せ、という歌詞が淡々としたビートの上で歌われます。

Letter / ZORN


2016年リリース。

EVISBEATSによるオリエンタルなトラックがおしゃれでかっこいいです。

これも娘さんに向けた歌詞です。教会のステンドグラスが美しいミュージックビデオも必見です。

All My Homies / ZORN


2019年リリースのアルバム『LOVE』収録曲。
BACHLOGIC(バックロジック)によるギターフレーズが印象的なトラックです。

“ Homies “とは「地元の友達」のことです。「財布は空でもサイファーはタダ」という歌詞が、お金がなく地元でサイファー(複数人で集まってラップすること)をしていた頃のことを短く的確に表しています。

Rep feat. MACCHO / ZORN


2019年リリース。

横浜のヒップホップバンド、OZROSAURUS(オジロザウルス)のリーダーであるラッパー、MACCHO(マッチョ)をフィーチャーした1曲。

ZORNの新しい時代にアジャストしたフロウとMACCHOの昔からあまりブレてないスタイルがある意味対称的です。

地元をレペゼンするZORNとMACCHOの熱い気持ちが伝わってくる曲です。

No Pain No Gain feat. ANARCHY / ZORN


2020年4月リリース。

アンダーグラウンドな生活を描写したリリックが特徴の曲です。

ANARCHYにも負けてない凄みのあるZORNの声がかっこいいです。

ZORNと他のアーティストとのコラボ曲

ZORNがコラボした楽曲をご紹介します。

Count On Me feat.ZORN / AKLO


バイリンガル・ラッパーのAKLOが2018年にリリースした楽曲。

ZORNの高速フロウがすごくかっこいいのですが、ヴァースの最後の歌詞が「娘たちはTikTok そんでパパはHIP HOP」です……。

ZORNのスキルとユーモアが同時に味わえる名曲だと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
才能の奔出そのもののような若者が、家庭を持つまでに成長する、ストーリーのあるラッパー、ZORN。
そんなZORNの楽曲を、皆さんもぜひ、聴いてみてくださいね。

ABOUT ME
ラップ&CBD
ラップ&CBD
ラップ&CBD管理人。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA