ラッパー紹介

t-Ace(エロ神クズお)のプロフィールや過去・おススメの音源を調査!気になる彼女は居るの?

最近、巷を沸かしているラッパーと言えばt₋Ace!

中高生のみならず、キャバ嬢からOLと、幅広いジャンルの男女から支持を得ています。

You Tubeの「チャンネルクズ」の登録者数は19.7万人、Instagramフォロワー数は26.7万人と、この数字を見るだけで、いかにものすごい人気があるラッパーであるのかが分かりますよね!(2019/10/27現在)

今回は、人気ラッパーt-Aceの

  • プロフィール
  • 過去
  • ファンなら誰しもが気になる彼女の存在
  • 筆者おすすめの音源

について紹介していきます。

すでにt₋Aceファンだという人のみならず、少し興味を持ちつつある人も要チェックです!

t₋Aceのプロフィール

t₋Aceのプロフィールついて調べていると、茨城県水戸市で育ったという情報が出てきますが、実は、出身地は沖縄県です。

主に、水戸市で育ったため、出身地は水戸市にしているようですね。

その後、父と母は離婚。親戚の家を転々とした後、父親のもとに引き取られ、父親の再婚相手、その間に生まれた弟と一緒に暮らすことになります。

もちろん、離れていた暮らしていた実母のことも大切に思っていたようで、実母との約束どおり、体の右半分にはタトゥーを一切入れていません。

t₋Aceの名を世に広げるきっかけにもなった「超ヤバイ」の中でも、タトゥーのことについて歌っていますので、ぜひチェックしてみてくださいね!

t₋Aceの過去

t₋Aceは、少年の頃、鑑別所で入ったことがあるそうです。ただ、どんな罪で捕まったのかまでは知ることができませんでした。

その後、更生し、今や人気ラッパーとなり、水戸大使に任命されるわけですから、その復活力には頭が上がりません。

15歳の頃から「DJ TSUBASA」として水戸で活動後、DJよりもラッパーがモテるということで、21歳でラッパーに転身。

ラッパーに転身した当初は、どちらかと言えばネガティブな内容を歌っていたt₋Aceですが、度重なる不幸に疲れ、「もうどうなってもいいや!」と感じた時に転機が訪れます。

今、私達が知っている自分の思いのままを歌っていくスタイルへと転換したのです。

その結果、ついついエロい歌詞ばっかりになってしまったようですね。

t₋Aceに彼女や奥さんは居る?

女性のファンなら誰しもが気になるこの話題!t₋Aceには彼女や奥さんはいるのでしょうか。

色々リサーチした結果、今はまだ独身のようです!むしろ、結婚していると言われても、人の旦那としての姿は想像できないですよね…。

しかし、Instagramにアップした内容を見たり、「PORSCHEでKISS」「マジ遠い」「ダレブラ?」を聴くと、t₋Aceには恋人未満の女性がたくさんいることが分かります。

ここまでプライベートをさらけ出されると、こちらも清々しい気持ちになってしまうほど。

こういう所が、男女問わず人気を得ている理由なのかもしれません。

ちなみに、t₋Aceは曲のタイトルにしてしまうほど、タイトドレスが大好きです。

密かにt₋Aceを狙ってる女性ファンの皆さんは、t₋Aceのライブに行く時には、タイトドレスを着ていくことをおすすめします!

t₋Aceのおススメの音源

「超ヤバイ」で一躍有名になったt₋Ace。

クラブに行けばt₋Aceは流れることはもちろんのこと、音楽配信サイトでもt₋Aceの名前を見たことがある人は多いのではないでしょうか。

ゴリゴリのヒップホップというわけでもなく、歌詞もすんなり耳に入ってくるため、1度聴くとなぜか耳に残ってしまう…それがt₋Aceの曲の特徴ですよね。

その中でも、「タイトドレス」が筆者おすすめ!

前奏から楽しくなってしまうだけではなく、サビの「タイトドレス タイトドレス」というノリも最高です。

ドライブしながら聴くのもいいのですが、マラソンやジムで鍛えながら聴くと、楽しく体を鍛えることができますよ!

t₋Aceの泣ける話

一見、強面のt₋Ace。実は、様々な苦労をしているようです。

「超ヤバイ」という曲を聴いたことがある人なら、「あの夜 死ぬ前に母ちゃんと約束した 「右側はそのままでいて」 OK」という歌詞があることを知っているでしょう。

このことから、t₋Aceが実母と死別してしまっていることが分かります。

また、10代の頃には、大切な友人を事故でなくすという経験もしています。

自由奔放な行動の裏には、孤独が隠れているのかもしれませんね。

まとめ

t₋Ace本人がよく「世の中は金、顔、お酒!」と言っていますが、ここまで自分の気持ちに素直に生きている姿こそがファンにとっては憧れでも、うらやましくもありますよね。

大好きなお酒片手にインタビューを受けている姿を見ていると、「こんな自由な大人っていていいの?」と思わず思ってしまいました…。

しかし、自称「クズなRockstar」であるt₋Aceですが、友人の死、母親の死、幼少期の家庭環境が複雑だったことなど、様々な苦労を乗り越えた結果、今の自由奔放に振る舞う姿があるのかと思うと、芯の強さを感じます。

大人になっても、中途半端ではなく、全力で楽しく生きようとするt₋Ace。これからの活躍を、もっともっと注目していきましょう!