まとめ記事

NORIKIYOのオススメの楽曲【10選】What Do You Want?やコラボ曲などまとめ

NORIKIYO(ノリキヨ)は神奈川県相模原市出身のラッパー、トラックメイカーです。

日本人離れしたラップスキル、リリックの高い完成度で、ファンだけでなく同業者からの評価も高いNORIKIYO。

同じく神奈川県相模原市を拠点に活動するヒップホップユニット、SD JUNKSTAのリーダーとしても知られています。

今回は、そんなNORIKIYOのオススメの10曲を紹介していきます。

NORIKIYOのオススメ曲10選

RAIN(feat. SEEDA)

2007年8月リリースのアルバム『EXIT』収録曲。

ヒップホップグループSCARSSEEDAをフィーチャーした曲です。

共に日本人とは思えないヒップホップの本場アメリカのラッパーのようなリズム感を持つNORIKIYOとSEEDAの化学反応が楽しめる1曲です。

2 FACE(feat. BES)


『EXIT』収録曲。

SEEDAと同じくSCARSのBESをフィーチャーした曲です。

自分自身にしか従わない、NORIKIYOのライフスタイルを反映したリリックが心に刺さります。

NORIKIYOの代表曲の1つといっていいでしょう。

運命~SADAME~(feat. Hannya)


2008年8月リリースのアルバム『OUTLET BLUES』収録曲です。

フリースタイルダンジョンの初代ラスボスとしてもお馴染みのラッパー、般若が hannya名義で参加しています。

歌詞の中に出てくる「マーシーヒロトさん」はロックバンド、「ブルーハーツ」のメンバーのことですね。

ラッパーのKOHHANARCHYもブルーハーツを聴いている、と言っていましたし、ブルーハーツはラッパーにも人気があるようです。

この曲が体現する、自分はクズだが、それでも笑える、という思想はある種ロックンロールにも通じるところがあるような気がしますね。

リバサイド・シティ・ドリーム(BRON-K)


『OUTLET BLUES』収録曲.。

同じ相模原市のラッパー、BRON-Kをフィーチャーした1曲。

イントロの歪んだロックギターのソロが特徴的です。

ジョン・レノンに会いたい

2013年3月リリースのアルバム『花水木』収録曲。

ジョン・レノンは言わずと知れた英国のロックバンド、ビートルズのメンバーです。

やはりロックとNORIKIYOは切っても切れない関係のようです。

バックトラックのシンセリフがかっこいいです。

夜に口笛(feat. 鋼田テフロン)


『花水木』収録曲。

鋼田テフロン」というのはトラックメイカーのBACHLOGIC(バックロジック)がラッパーとして活動する際の別名です。

フックの「今丸くないあの月が夜空で笑ってら」という歌詞が叙情的でかっこいいです。

Go So Far


2014年12月リリースのアルバム『如雨露』収録曲。

過去を振り返らず、大事なのは今だ、まだまだ遠くへ行くぞ、というNORIKIYOの覚悟が見える1曲です。

Memories & Scars(feat. 七尾旅人)


2017年リリースのアルバム『Bouquet』収録曲。

シンガーソングライター七尾旅人をフィーチャーした1曲です。

七尾旅人の曲にも通じる、前衛的なトラックや不思議なメロディが特徴的な1曲です。

What Do You Want?


2019年リリースのアルバム、『平成エクスプレス』収録曲。

「金持ちも貧乏人も最期は死ぬ」というリリックにNORIKIYOの死生観が表れています。

俺達の唄(feat. MACCHO)


『平成エクスプレス』収録曲。

横浜のヒップホップグループOZROSAURUS(オジロザウルス)のラッパー、

MACCHO(マッチョ)をフィーチャーした1曲です。

神奈川を代表する2MCの魂の叫びのような曲です。

NORIKIYOと他のアーティストとのコラボ曲

NORIKIYOがコラボした楽曲をご紹介します。

New Drug(feat. 鋼田テフロン) /AKLO + NORIKIYO

BACHLOGICプロデュースの、ラッパーAKLO(アクロ)とNORIKIYOのコラボアルバム、『New Drug』のタイトルトラックです。

爽やかなトラックを、実力派ラッパー二人が軽やかに乗りこなす佳曲です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

シーン屈指の実力派ラッパー、NORIKIYOの音楽を、ぜひ皆さんも聴いてみてくださいね。

ABOUT ME
ラップ&CBD
ラップ&CBD管理人。