B

【ILL-BOSSTINO】プロフィールや経歴を調査‼︎作風や参加した名曲について【BOSS THE MC】

ILL-BOSSTINOはTHA BLUE HERBのMC BOSS THE MCの別名です。

ソロや外部作品の際に「ILL-BOSSTINO」の名を使います。

彼のメッセージ性の高いリリックは多くの人々に感銘を与えており、活躍はTHA BLUE HERBに留まりません。

彼を語る上で欠かせないのはbeefです。

東京至上主義の日本のHIPHOPシーンに対し、痛烈な批判を残し、多くのbeefを残してきました。

今回はILL-BOSSTINO/BOSS THE MCのプロフィールや経歴やbeef、ILL-BOSSTINOとして参加した名曲を紹介していきます。

ILL-BOSSTINOのプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

REVELATION TIME OSAKA(@revelation_time)がシェアした投稿

MCネームILL-BOSSTINO / BOSS THE MC
本名清水和之(確定情報ではない)
出生1971年
身長180cm(STILL STANDING IN THE BOGより)
出身北海道七飯町

ILL-BOSSTINOはTHA BLUE HERBのMCであるBOSS THE MCの別名です。

THA BLUE HERBはMCのBOSS THE MC、トラックメイカーのo.n.oによるグループで、1997年に札幌を拠点に結成されました。

2人はソロ活動や様々なアーティストの楽曲に参加しています。

BOSS THE MCはTHA BLUE HERB以外の活動ではILL-BOSSTINOを名乗ります。

名前の由来は不明ですが、双方にBOSS の名が使われています。これはススキノで名付けられた名前だそうです。

ILL-BOSSTINOの過去や経歴

 

この投稿をInstagramで見る

 

24young(@_24young_)がシェアした投稿


ILL-BOSSTINO (以下BOSS)は函館北高校(現在の市立函館高等学校)に進学しますが1年休学し、配管工として働いていました。

その後札幌大学に進学する為、札幌に移ります。

BOSSはキャバクラやクラブで流れるHIPHOPにのめり込みます。

ススキノは彼にとって遊び場でもあり、この世を渡る為の術を学んだ場所でした。

1997年にTHA BLUE HERBを結成。

1999年に発表されたSTILLING STILL DREAMINGはHIPHOPにおける名盤とて語り継がれています。

THA BLUE HERBとして活動しつつ、多くの楽曲にも参加していますが、初期はBOSS THE MCを名乗っています。

正式にILL-BOSSTINOの名が見られるのは、2003年にラッパ我リヤが発表したRG A.I.R.4THにヤバスギルスキル pt.6からです。

ソロ作品としては2015年にMIX CDのBORDERS – Mixed by DJ HIKARUと、フルアルバムであるIN THE NAME OF HIPHOPもリリースしており、活動の幅は留まる事を知りません。

ILL-BOSSTINOのBeef歴

札幌を拠点に活動するBOSSにとって、巨大な資本を元に、広く大衆に受け入れられるHIPHOPを生み出し続ける東京のHIPHOPは受け入れられるものではありませんでした。

BOSSはSTILLING STILL DREAMINGでHIPHOPシーンに躍り出た後は、多くのbeefを残していますし、逆にbeefされています。

YOU THE ROCK★


最も有名なのは2001年にリリースされたライムスターの楽曲 ウワサの真相に対するbeefに対して、

「リサーチ不足が早まったか Mrアブストラクトって呼び名ははずれたな」

SHINE ON YOU CRAZY DIAMONDより

「アブストラクトじゃないHIPHOPだ」

サイの角のようにただ独り歩め

と残した事でしょう。

これらは2002年にリリースされた2rdアルバムSELL OUR SOULlに収録されています。

長い沈黙の後にライムスターとBOSSは和解しています。

ちなみにこのアルバムでは他にも

YOU THE ROCK★に対して

「ストリップだけはするなよMrエンターティナー」

人斬りより

YOU THE ROCK★と、匿名で批判を続ける2chの住人に対して、

「名無しのくせにWEBでほざく連中 クレームならこのオレが受けつける」

A SWEET LITTLE DISより

とbeefが残されています。後にYOU THE ROCK★とはソロアルバムで共演しており、和解しています。

和解の際はYOU THE ROCKが電話で、「お前この野郎!俺はお前のこと認めてんだよ!」と第一声を放ったそうです。

実際にYOU THE ROCKはBOSSが東京でライブをする時お客さんとして来場していたそうで、BOSSも気づいていたそうです。

TOKONA-X


また今は亡き名古屋のラッパーTOKONA-Xが、2003年にEQUIS.EX.Xを通じ、BOSSに対してbeefを残しています。

A SWEET LITTLE DISのリリック「XXX DIS」の部分を、自分の刺青をDISられたと思ったTOKONA-XがBOSSに対して反撃したものです。

実際はBOSSはTOKONA-Xを認めており、A SWEET LITTLE Dに対するアンサーは残していません。

その後TOKONA-Xは2004年に死去。

騒動から10年後にクルーのBALLERSのDJ RYOWが、TOKONA-Xの声とBOSSのコラボした曲を作る事を提案し、BOSSが受け入れます。

他にも鬼一家やBIG JOE、BOSSがbeefされる等しています。

BOSSはbeefされても相手にしない事も多く、アンサーを返さない事もしばしばです。

リリックを読み解けば、新たなbeefが見つかるかもしれません。

ILL-BOSSTINOの作風


ILL-BOSSTINOでもTHA BLUE HERBの強いメッセージ性のあるリリックは健在です。

o.n.oがトラックに参加していない為、そのサウンドには大きな違いがあります。

2006年にはテクノミュージシャンのcalmとJAPANESE SYNCHRO SYSTEMを結成し、ダンスミュージックを全面的に出した作風となっています。

ソロアルバムIN THE NAME OF HIPHOPではDJ KAZZ-K、DJ KRUSH、DJ YAS等、多くのトラックメイカーを招いています。

全体的に無機質でシンプルなトラックが多い分、BOSSのリリックが聞き手に与える印象も異なります。

またYOU THE ROCK★やB.I.G.JOE等かつて対立したラッパーもゲストに招かれており、BOSSの集大成とも言える作品です。

ILL-BOSSTINOが参加した名曲

ILL-BOSSTINO 名義で活動を始めたのは2003年のラッパ我リヤのヤバスギルスキル pt.6からです。

その後もコンスタントに様々な楽曲に参加しています。

SEEDAとは関わりも深く2007年にMIC STORY、2009年にはWISDOM feat.ILL-BOSSTINO、EMI MARIAに参加。

WISDOMはSEEDAの復帰作という事で世間の期待も大きく、それに恥じない作品でした。

2014年には般若との共同製作したNEW YEAR’S DAY feat. 般若をリリース、2017年にはOLEDICKFOGGYと弾丸さえあればをリリースしています。

時代は遡りますが、2003年以前にBOSS THE MC 名義でもaudio activeのスクリュードライマー等多くの名曲を出しているので、是非聴いてみましょう。

まとめ

今回はILL-BOSSTINO のプロフィールや経歴、beefや楽曲について紹介しました。

ILL-BOSSTINO はTHA BLUE HERBのMC BOSS THE MCの別名であり、ソロや外部の活動でその名を使っています。

20年以上HIPHOPシーンの前線に立ち、スキルを磨き続けているILL-BOSSTINO。今後もその活躍が楽しみです。

ABOUT ME
ラップ&CBD
ラップ&CBD管理人。