ラッパー紹介

chelmicoのメンバーの過去や経歴を調査!レイチェルと鈴木真海のプロフィールをWiki風に

可愛らしい見た目からは想像できない、高いスキルを持ち合わせた2人組フィメールラップユニットchelmico。

思わず口ずさみたくなるキャッチーなCMソングから、他には真似できない2人だけの世界観が満載の曲まで!

音楽を楽しむ才能と、完璧を求めすぎない独自のスタイルが魅力の彼女たち。そんな2人を結びつけたのには、あるグループが関係していました。

結成のきっかけやそれぞれのプロフィール、おすすめの音源まで掘り下げてご紹介します!

chelmico結成のきっかけ

2人の出会い

chelmicoの2人が出会ったのは14年ほど前。共通の知り合いの撮影モデルをしたことがきっかけだったそうです。

そこから2人を音楽面で結びつけたのが、”RIP SLYME”。2人とも、幼い頃からRIP SLYMEに大きく影響を受けていたそう!

「将来どんなふうになりたい?」という質問に対し、「RIP SLYMEになりたい。chelmicoはRIP SLYMEになりたくて始めたんだし。」と答えています。

敬意と愛がひしひしと伝わってきますね!

結成のきっかけ

2014年にミスiDを受賞し、シブカル祭出演の誘いを受けたRachel。

当時冗談で「ラッパーになりたい」と言っていたことから、「本当にやってみたら?」と提案されたそうです。

そこで、1人では心細いからと声をかけたのがMamikoだったのです!

Rachelから声をかけられた時はびっくりして、かなり悩んだそう。

しかし、友人からの「いい思い出になるからやりなよ」という言葉で誘いを受ける決意をしたそうです!

ご友人の言葉無くして、chelmicoの誕生はなかったのかもしれませんね!

その時点では2人とも1回きりのつもりだったそうですが、シブカル祭りを見た人からライブ出演の誘いを受けたこともあり、本格的な活動を開始。

グループ名の由来

2人が出会うきっかけとなった共通の知り合いが、「RachelとMamikoだから、chelmicoじゃん!」と言い始めたことが由来となっているそうです。

Mamikoは「私たち、初めて会った時からすでにchelmicoだったんですよ」と語っています。

飾らない親しみやすさがありながらも可愛くてポップなユニット名は、2人そのもののようにも感じられますね!

chelmicoのプロフィール

Rachelのプロフィール

本名 渡賀 レイチェ (わたしが れいちぇる)
生年月日 1993年7月4日
出身地 神奈川県
血液型 B型
身長 173cm
肩書き ミスID2914
趣味 読書、ゲーム、飲み
SNS Twitter / Instagram

過去にはミスiDを受賞している、”新しい時代の女の子”Rachel。

ハーフならではの繊細なお顔に、トレードマークの金髪がマッチしていて印象的ですね!

Mamikoのプロフィール

本名 鈴木 真海 (すずき まみこ)
生年月日 1996年6月26日
出身地 東京都
血液型 O型
趣味 ラジオ鑑賞、映画鑑賞、飲み、お笑い
SNS Twitter / Instagram

“長澤まさみ似のフィメールラッパー”と注目を集めるMamiko。

ソロでの活動にも定評がありますね!

chelmicoの過去や経歴

chelmicoとしての経歴

2018年にメジャーデビューしたばかりにも関わらず、さまざまなCMソングや番組テーマソングに起用されています。

爽健美茶のCMソングや、Apple WatchのCMでchelmicoを知った方も多いのではないでしょうか。

さらに今年の1月には、アニメ”映像研には手を出すな!”のOPテーマにも起用され、”Easy Breezy”が配信されました。

同じく今年1月4日からは、TBSラジオで”chelmicoのでも、まだ土曜日”(毎週土曜日 20:30〜21:00放送)が始まりました!

2人の等身大のトークが楽しめるので、すでにファンの方も、これからchelmicoを知りたいという方にもおすすめです!

Rachelの過去や経歴

ハーフということを公表しているので、どこの国とのハーフなのか調べてみました。

しかし、幼い頃に一家離散しているようで、ご家族の情報は出てきませんでした。

ミスiDの自己紹介PRでは「将来、育ててくれた施設に寄付金を送りたい」というように話しています!

ミスiDの審査員からのコメントからも、Rachelの人柄が伝わってきます。

吉田豪

普通のオーディションなら通らないようなタイプだと思うんですけど、彼女を残したことで掲示板やTwitterも活性化したし、最終面接では完全に挙動不審ながらも奇跡を起こしたと思います。泣きながら「受賞したら私を育ててくれた施設のお風呂を改築したい」「一家離散してから連絡してなかった父親に連絡したい」とか言ってた部分だけ抜粋するとお涙頂戴っぽいけど、笑えて泣けて、なんかすごいドラマになってました。あの映像はいつか解禁すべき!

柚木麻子

みんなで守ってあげたくなる、いじらしい泣き虫の美少女。でも、それだけじゃない、意地と矜持と聡明さを、Twitterと面接で受け取りました。裏方志向な気がしますが、間違いなくあなたはスポットライトを浴びて、輝くべきです!

Rachelの学生時代は、落ち着きがない子だったそうです。

授業中に教室の外に出たり、図書館に篭っていたり、その時にやりたいことを優先する子だったと語っています。

本の中でも特に辞書が好きだったそうで、当時かっこいいなと思って覚えた言葉が、chelmicoの歌詞にも影響しているそうです!

音楽を始めて、これしかないと感じたそうで、今後さらに売れたらブラピをMVに出したいそうです!(笑)

お茶目なところもありながら、独自の感性を大切にする彼女の世界観には惹きつけられますね。

Mamikoの過去や経歴

幼少期は泣き虫で人見知り、とても真面目で自分の意見を言ったりするタイプではなかったそうです。

お兄さんの影響で、Dragon AshやDef Tech、KICK THE CAN CREWを聴いたりもしていたようですが、その時は特に興味を持って聴いていたわけではなかったとのことです。

さらに、マーチングバンドでトロンボーンを担当したりピアノを習ったりと、音楽と触れ合う機会も多かったようですね!

そしてMamikoといえば、お笑いがとても好きだということを公言していますね。

お笑い好きの集まるライングループから情報を得て、マニアックな芸人さんを探し出しているそうです!

なかでも”おぎやはぎ”が好きなようで、過去におぎやはぎのラジオ”めがねびいき”でchelmicoの曲が流れた際には、かなり興奮した様子でツイートをしていました。

以前、「めがねびいきに出演したい」と語っていたMamikoですが、今年の1月3日にはその夢を叶えました!

ソロ活動では、アルバムを発売するなど活躍ぶりを見せています。

初のソロアルバム”Deep Green”には、Rachelとフィーチャリングしている楽曲”Lily”も含まれています!

chelmicoのおすすめ音源

Player

2019年のApple Watch CMソングに起用されています!つい口ずさみたくなるキャッチーなメロディとリリック。

ゆるくてポップなMVも、2人の世界観が全開で魅力的ですね!

Balloon

この曲を作った時は2人とも恋をしていたそうで、その気持ちを詰め込んだ作品になっているそうです!

chelmicoにはめずらしい、メロウでどこか切ない曲ですね。

Summer day

「アガる曲調だけど、内容は”そんなノリについていけない人”もわかってくれるはず。」とRachelが語るこの曲。

完璧じゃなくていい、少し投げやりな、chelmicoらしいリリックに注目です!

ラビリンス’97

こちらは初めて2人がリリックを描いた曲だそうです!

当初はあまりピンときていなかったものの、先にライブの出演が決まっていたため「これでいくしかない!」という流れで出来たそう。しかし、予想外に反響があり驚いたそうです!

Lily feat.Rachel

Mamikoのソロアルバムに収録されている曲ですが、Rachelとフィーチャリングしています。

エモい、チルい、といったジャンルが流行している中、この曲はまさにその両方が詰まっています!2人の声質はずるいなぁ、と感じる一曲。

まとめ

趣味の合う友達から一転、注目を集めるユニットとなったchelmico。

2人にしか出来ないポップでキャッチーな楽曲に、さまざまな企業や番組からのオファーが絶えなくなりそうですね!

新たなシーンからのファンも増えること間違いなしで目が離せません!

ABOUT ME
ラップ&CBD
ラップ&CBD
ラップ&CBD管理人。
関連記事
2020年日本語ラップ新譜まとめ
2020年日本語ラップ新譜まとめ