ラッパー紹介

【BAD HOP】メンバーのプロフィールを紹介!脱退したのは?川崎のNew Hood Star

日本国内のみならず海外でも順調に評価され始めているBAD HOP。

Apple Music限定で配信されたEP「Lift Off」は、アメリカのシーンで活躍している有名プロディーサー達と製作されました。

日本武道館でのライブ成功や中止になりましたが横浜アリーナでのライブも組まれ、順調にキャリアを積んでいます。

今回はそんなBAD HOPのメンバーを脱退したメンバーも含め紹介していきます。

BAD HOPとは

 

この投稿をInstagramで見る

 

BAD HOP Information(@badhop_info)がシェアした投稿


BAD HOPは神奈川県川崎市を中心に集まった8人組のHIP HOP CREWです。

メンバーの内7人は川崎市の南部出身で、Vingoのみ東京都出身です。

メンバーが生まれ育った川崎市池上町や京浜工業地帯は治安も悪く、同じ川崎でも南部と北部では別世界となっています。

また、治安だけでなく複雑な家庭環境・朝鮮人街・貧困と問題の多い地域となっており、それをプラスに変える音楽がBAD HOPの特徴と言えます。

BAD HOPの音楽は、メンバーと同じように様々な問題を抱える少年・少女に希望を与えています。

BAD HOPの由来

グループ名「BAD HOP」の名前の由来は、

T-Pablow・YZERR・Yellow Patoの3人で初めて出たイベントの名前からきています。

先輩が主催するイベントでその名前を広めたいという気持ちがあるようです。

また、「BAD HOP」には「イレギュラーバンド」という意味もかかっており、どこに跳ねるか分からない面白さという意味もあります。

メンバーに入っている「BreatH」のタトゥーの意味

 

この投稿をInstagramで見る

 

BAD HOP Information(@badhop_info)がシェアした投稿


BAD HOPのメンバーには「BreatH」というタトゥーが入っています。

「BreatH」とはBAD HOPが運営するブランドの名前です。

カンが言い方ななんとなく分かりそうですが「B」と「H」が大文字になっているのには理由があります。

「B」=BAD HOP Breath=呼吸

BAD HOPで息をするという意味

「H」=BreatHの最後の文字

Bで始まってHで終わるから「BreatH」となっています。

BAD HOPのメンバー

 

この投稿をInstagramで見る

 

BAD HOP Information(@badhop_info)がシェアした投稿


BAD HOPは総勢8人のメンバーで構成されています。

メンバーは

  1. T-Pablow
  2. YZERR
  3. G-k.i.d
  4. Yellow Pato
  5. Tiji Jojo
  6. Benjazzy
  7. Vingo
  8. Bark

の8名ですね!

この他にも脱退しているメンバーも2名おり、今回はその二人についても軽く紹介していきます。

T-Pablow

 

この投稿をInstagramで見る

 

T-Pablow(@tpablow_breath)がシェアした投稿

MCネームT-Pablow(ティーパブロウ) ※元 K-九(ケーナイン)
本名岩瀬達哉(いわせたつや)
生年月日1995年11月3日
身長178cm
血液型B型
出身神奈川県川崎市川崎区
最終学歴川中島中学校
所属BAD HOP / 2WIN
レーベルBAD HOP Records / GRAND MASTER
SNSTwitter / Instagram

BAD HOPの「心臓」がT-Pablowです。

BAD HOPではリーダー的存在で、双子の弟「YZERR」とメンバーを引っ張ています。

HIP HOPとの出会いは10歳で、14歳でLyricを書き始めたようです。

高校生ラップ選手権を2度制覇し、ラップ以外にもファッションで注目を集めます。

2014年にZEEBRAが代表を務めるレーベル「GRAND MASTER」と契約。

2015年には「フリースタイルダンジョン」の初代モンスターを務めました。

住んでいる家は「政治家が隣人」、付けている時計は800万もするパテックフィリップのフルダイヤ。

まさにラップスターと言っても過言ではないです。

T-Pablowのプロフィールや過去・生い立ちを紹介!ダンジョンやファッション・娘も壮絶な過去をラップの力でプラスに変えて来たT-Pablow。 注目され始めたのは第1回高校戦ラップ選手権から。 今記事ではT...

YZERR

 

この投稿をInstagramで見る

 

@yzerr_breathがシェアした投稿

MCネームYZERR (ワイザー)  ※元 DIABLO(ディアブロ)
本名岩瀬雄哉(いわせゆうや)
生年月日1995年11月3日
身長176cm
血液型B型
最終学歴川中島中学校
出身神奈川県川崎市川崎区
所属BAD HOP / 2WIN
レーベルBAD HOP Records / GRAND MASTER
SNSTwitter / Instagram

BAD HOPの「脳」と言われているのがYZERRです。

メンバーをプロデュースするなど、プロデューサーとしての才能もあります。

元々は双子の兄、T-Pablowより100倍は悪かったようですが、それは「頭の良さゆえ」知恵が働き過ぎたのでしょう。

T-Pablowと同じく「高校生ラップ選手権」には第1回から参加しており、第5回では制覇しています。

DIABLO名義で出場した第1回では1回戦負けで悔しい経験も。

2019年にはMIX TAPE「Rich or Die」を配信し、話題になりました。

「Rich or Die」配信後すぐにRolexの約600万円する時計を購入。

口だけではないリアルなラップスターである証拠を見せています。

YZERRのプロフィールや過去を紹介|少年院時代やRYKEYとのBeef・彼女もYZERRは神奈川県出身でBAD HOPや2WINのメンバーです。 BAD HOPや2WINで活動を共にするT-Pablowとは実...

G-k.i.d

 

この投稿をInstagramで見る

 

G-k.i.d / BADHOP(@gkid_breath)がシェアした投稿

MCネームG-k.i.d(ジーキッド)
本名わたなべりょう
生年月日1995年
出身神奈川県川崎市川崎区
最終学歴川中島中学校
所属BAD HOP
レーベルBAD HOP Records
SNSInstagram

BAD HOPの中で唯一、父親が本物のアウトローだったのがG-k.i.dです。

小学生のころまでは父親のアウトロー業の調子が良く、満たされた生活をしていたようですが良い生活は長くは続かなかったそうです。

アウトロー業の上納金が厳しくなり、生活苦からの両親離婚と酸いも甘いも経験しています。

G-k.i.dのエピソードで

  • 家に車がたくさんあったのは車屋が家業だと思っていた
  • 父親の背中の刺青は母親が書いた絵だと思っていた

など純粋なエピソードが多いです。

また、湘南乃風の「カラス」を歌うと涙が出てくるのがG-k.i.d。

Yellow Pato

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yellow Pato – BAD HOP(@yellow.pato_breath)がシェアした投稿

MCネームYellow Pato (イエローパト) ※DJ流星
本名関根流星 (せきねりゅうせい)
生年月日1995年
身長175cm
血液型A型
出身神奈川県川崎市川崎区
所属BAD HOP
レーベルBAD HOP Records
SNSInstagram

Yellow PatoはG-k.i.dと同じ小学校出身で、G-k.i.d共に小学校を仕切っていた過去があります。

Yellow PatoとG-k.i.dの通う小学校と、PablowとYZERRが通う小学校は隣同士で喧嘩して仲良くなったそうです。

川崎フロンターレのユースチームでサッカーをしていました。

運動神経の良さからかかなりモテていた様で、バレンタインデーでは家を出てすぐにチョコ。家のポストに溢れるチョコ。下駄箱に入りきらないチョコ。

羨ましい限りです。

BAD HOPメンバーの中でもハイセンスなファッションセンスを持っています。

Tiji Jojo

 

この投稿をInstagramで見る

 

Tiji Jojo(@tijijojo_breath)がシェアした投稿

MCネームTiji Jojo (ティージージョジョ)
本名吉村敦也 (よしむらあつや)
生年月日1996年2月12日
身長168cm
出身神奈川県川崎市川崎区
出身中学川中島中学校
所属BAD HOP
レーベルBAD HOP Records
SNSInstagram

生まれた時から家が隣のPablowとYZERRと遊んでいたせいか、どこか憎めない末っ子感のある人物である。

日韓のハーフです。

メンバーの多くがサッカー経験者の中、Tiji Jojoもその一人でおじさんはJ2のゴールキーパー。

当然Tiji Jojoもサッカーの才能を引き継いでいると思うのが普通だが、サッカーの才能は無かったようです。

神は2物を与えませんでしたがラップは天才的で、Tiji Jojoのフロウは1度聞くと癖になります。

Benjazzy

 

この投稿をInstagramで見る

 

Benjazzy(@benjazzy_breath)がシェアした投稿

MCネームBenjazzy (ベンジャジー)
本名ゆきかず
生年月日1994年
身長 170cm
血液型B型
出身神奈川県川崎市川崎区
出身中学川中島中学校
所属BAD HOP
レーベルBAD HOP Records
SNSInstagram

BAD HOPメンバーの中では最年長です。

親が英語教師で「Bark」のクラスの担任を務めていた事もあります。

教師の親は各中学の危険人物のリストを持っていて、BAD HOPのメンバーの名前もあったそうです。

Benjazzyの評価が一気に上がったのは「Who Run It Remix」。

アメリカで多くのラッパーがこのビートを使ってラップをし、一大ムーブメントが起こっていた時期にBenjazzyもチャレンジ。

早口でリズミカルなフロウでヘッズを沸かせました。

Benjazzyは「内なるJ」とういスラングを作った人物でもあります。

内なるJとは、日本人なら誰もが持っている「日本的な感覚」で、音楽的な話で言うとJ-POPがそれに当てはまります。

Vingo

 

この投稿をInstagramで見る

 

Vingo(@vingo_breath)がシェアした投稿

MCネームVingo (ヴィンゴまたはビンゴ)
本名あべしんのすけ
生年月日1995年
身長170cm
出身東京都
所属BAD HOP
レーベルBAD HOP Records
SNSInstagram

唯一の東京出身メンバーです。

BAD HOPとイベントが一緒になった時にYZERRと連絡先を交換。

元々東京でやっていたクルーを辞める時にYZERRに誘われて加入しました。

恐らくメンバーの中では1番の陽キャで、ナンパも普通にしちゃう良く言えばフレンドリー、悪く言えば馴れ馴れしい人物です。

実際にYZERRと連絡先を交換した際も、調子に乗って絡んでくるVingoの第一印象は最悪だったと語っています。

第一印象が最悪でもメンバーに誘われたVingoのラップは自由で楽しいです。

ちなみに17歳で友達が持ち逃げした300万を返済した経験もあるようです。

Bark

 

この投稿をInstagramで見る

 

Bark(@bark_breath)がシェアした投稿

MCネームBark (バーク)
本名日野原ゆうき
生年月日1995年
身長168cm
出身中学桜本中学校
出身神奈川県川崎市川崎区
所属BAD HOP
レーベルBAD HOP Records
SNSInstagram

小2で思考が停止してしまったBAD HOPのメンバーです。

地元愛が強い人物で、貧困家庭の多い地元を盛り上げたいという熱い思いを持っています。

サーフィンが趣味で運動神経は良さそうなのですが、10人しかいない野球チームでベンチを任されてしまうのがBarkさんです。

運動神経が良くモテまくっていたPatoとは真逆で、バレンタインも兄弟が貰ったチョコを分けてもらっていたとか。

ちなみに3人兄弟でBarkが真ん中です。兄弟は早慶上智という日本トップクラスの大学に進学しています。

脱退したメンバー

BAD HOPは過去10人で活動していた時期があります。

現在は8人なので2人のメンバーが脱退しています。

脱退したメンバーはAKDOWとDJ KENTAです。

紹介していきます。

AKDOW

指にBAD HOPとタトゥーを入れていたメンバーです。

1994年生まれでBenjazzyと同級生。地元は横浜市鶴見区です。

脱退理由は様々な憶測が飛び交っており、有力なのは

  • 逮捕されていた
  • キャバクラ襲撃事件のケツ持ちをした
  • 居酒屋を襲撃した

の3つです。

特にキャバクラの件は「TOP」というラッパーが情報元となっているので、かなり信頼できる情報です。

DJ KENTA

Pablowに誘われDJを始めたDJ KENTA(旧名:DJ buraku)ですが、脱退しています。

脱退理由は異性関係と言われていますが、こちらも憶測の域です。

BAD HOPの経歴

 

この投稿をInstagramで見る

 

BAD HOP Information(@badhop_info)がシェアした投稿

2014年3月 BAD HOP名義初となるコンピレーションアルバム「BAD HOP ERA」を発表

9月 BAD HOP BOXを発表

2015年7月 アルバム「BAD HOP」を発表
2016年3月 BAD HOP 1DAYを発表

9月 BAD HOP ALL DAYを発表

2017年2ndアルバム「Mobb Life」を発表(グループ初の全国流通)
2018年6月 BAD HOP HOUSEを発表

11月 日本武道館でワンマンライブ

2019年11月 Apple Musicの企画で「Lift Off」を配信
2020年3月 横浜アリーナライブ中止で1億円の負債も「クラウドファウンディング」で¥78,834,022円集める

2014年の活動開始から3段飛ばしくらいでキャリアを積んできたBAD HOP。

2017年の「Mobb Life」発表からは一気に知名度・人気が上昇しました。

MObb Lifeの勢いそのままに2018年に「BAD HOP HOUSE」を発表。

「Kawasaki Drift」は2018年発表の日本語ラップでも1,2位を争う人気曲です。

BAD HOP HOUSEの名前は「ZEPP TOKYO」で行われたライブでも使われ、大成功を納めます。

同年、日本武道館でのライブを急遽決定。急遽決まったにも関わらずチケットは即完売し、TV「クレイジージャーニー」でも取り上げられました。

武道館ライブ後の2019年は「COLD IN SUMMER ZEPP TOUR」を敢行。

全国5大都市を「札幌」「福岡」「大阪」「名古屋」「東京」を周り、会場ごとに違うパフォーマンスを披露しています。

また、同年にアメリカの有名プロデューサー陣と製作した「Lift Off」を発表。

賛否や色々な陰謀論も囁かれますが、日本のHIP HOPが世界で注目を浴びました。

2020年はやはり横浜アリーナです。

コロナウイルスの影響で無観客でのライブ配信のみとなりました。

1億円の負債をクラウドファウンディングで約8000万円集めてほとんどチャラにしています。

BAD HOP HOUSE IN ZEPP TOKYO 2018

 

この投稿をInstagramで見る

 

BAD HOP Information(@badhop_info)がシェアした投稿


BAD HOP HOUSEはその名の通り、ステージに2階建ての家を建設して行われたLIVEです。

デビューから4年で制作したアルバムは1枚、ZEPPでのワンマンはかなり無謀に思ましたがチケットは前売りの段階で完売しています。

3時間以上に及んだLIVEでは28披露しています。

セットリスト

  1. Kawasaki Drift
  2. New Root
  3. Hands Up
  4. Mobb Life
  5. つるまない
  6. 口だけ
  7. トラブルメン
  8. 2018
  9. I Feel Like Goku
  10. Liberty
  11. Mobb Life Tour
  12. Super Car
  13. Asian Doll
  14. Home Boy(T-Pablowソロ)
  15. Five Star(T-Pablowソロ)
  16. Only One(T-Pablowソロ)
  17. Me Too feat. KOWICHI(T-Pablowソロ)
  18. Day Ones feat. KOWICHI&DJ TY-KOH(T-Pablowソロ)
  19. 3LDK
  20. Gucci Scarf
  21. Don’t Touch My Cash
  22. Hiii Space
  23. Ocean view
  24. White T-shit
  25. Chain Gang
  26. これ以外
  27. Diamond
  28. Life Style

BAD HOP 日本武道館「BreatH of South」

 

この投稿をInstagramで見る

 

BAD HOP Information(@badhop_info)がシェアした投稿

ZEPPでのワンマンライブから7ヶ月後の2018年11月13日に行われた日本武道館でのライブ。

武道館にたまたま空きが出たのを押さえた為、準備や告知など短い期間で全て行っています。

チケットは先行販売分7000枚が3時間で完売し、追加チケットも発行。こちらもすぐに完売しています。

日本武道館ライブ当日は約8000人を動員し、大成功を納めています。

また、「Diamond」を披露する際には「T-Pablow」と「YZREE」が涙。

BAD HOPメンバーだけでなくファンも熱くなるシーンでした。

セットリスト

  1. OP VTR
  2. Prologue
  3. No New Friend
  4. I Feel Like Goku
  5. YAGI
  6. Handz Up
  7. 2018
  8. Walking Dead
  9. Hiii Space
  10. Gucci Scarf
  11. Mobb Life Tour
  12. House Party
  13. Asian Doll
  14. Super Car
  15. 3LDK
  16. Rich Friday
  17. Trouble man
  18. つるまない
  19. 口だけ
  20. Ocean View
  21. White T-shirt
  22. これ以外
  23. Chain Gang
  24. Life Style
  25. Mobb Life
  26. Diamond
  27. KAWASAKI DRIFT

“BAD HOP WORLD 2020” IN 横浜アリーナ

 

この投稿をInstagramで見る

 

T-Pablow(@tpablow_breath)がシェアした投稿


2020年3月1日に開催された「”BAD HOP WORLD 2020″ IN 横浜アリーナ」。

武道館で「T-Pablow」が言った「次はBAD HOP WORLDで会おう」の伏線を見事に回収しています。

告知の方法も今までとは違い、かなり力を入れています。

Appleとのタイアップで作成されたEP「Lift Off」の発表後、11月4日にYouTube上にあったMVを非公開にし「BAD HOP WORLD」という9秒の動画を公開。

12月7日には川崎駅前でゲリラライブを敢行し、EP「Lift Off」から楽曲を披露。3曲目終了と同時に警察からの警告により中止に。駅前では「BAD HOP WORLD」のプロモーションとして「BAD HOP News Paper」が配布されています。

告知の効果でチケットも順調に売れていき、当日販売するグッズの制作も行われていました。

BAD HOP WORLD中止の発表

BAD HOP WORLD本番2日前の2月28日。BAD HOPの公式各メディアにて中止の発表。

2020年世界中を騒がせている「コロナウイルス」の影響で「政府からの自粛要請」が出たタイミングでした。

本番2日前でライブ製作費で多額の費用をかけていたBAD HOP。メンバーは1億以上の借金を背負う覚悟で無観客ライブをすると発表しています。

ちなみにライブをキャンセルした場合でも、3〜4000千万の借金を背負うことになったそうです。

横浜アリーナ無観客ライブ

 

この投稿をInstagramで見る

 

BAD HOP WORLD 2020(@badhopworld2020)がシェアした投稿


3月1日にBAD HOPは横浜アリーナで無観客でのライブを敢行。

ライブの映像はYouTubeのBAD HOPオフィシャルチャンネルで配信されました。

本番同様のセットで行われた無観客ライブは32曲を披露し、常時3万人が視聴でYouTubeの急上昇ランキングでも1位を獲得しています。

また翌日の朝のニュースでも取り上げられるなど、コロナウイルスの影響による無観客ライブの先駆者となります。

ライブで特に印象に残った言葉

俺らは楽しんでます。だからお客さんも楽しんでもらえたらなって思ってやってます

[T-Pablow]

俺たち、横浜アリーナという会場には思い入れがあって18歳の時に初めて来たんですけど、あの頃はとんでもなくデカい会場に思えて、もしかしたらアーティストをやっている間にこのステージには立てないんじゃないかって思ってたんです。だから例えこういう形でもライブができるのはすごく感謝しているんです。~中略~

俺が18歳の時、このステージに立ちたいと思ったように、この配信を観た俺よりも若い子たちが、何かに挑戦したい気持ちになったら、それは一億円という負債なんてちっぽけなものに見えてしまうほど素晴らしいことなんです。

[YZERR]

こうやって新型ウイルスの影響でコケるんだったら、コケ方にこだわりたいと思った。

なんかさ、俺らがこのライブをこうして開催したのは、コロナウイルスのせいでネガティブな気持ちが蔓延しちゃうのが嫌だったんだよ。例えば、このウイルスが最初に広まった中国の人をネットで攻撃したり、心ないことを言ったりさ。不安な気持ちからネガティブになって、架空の敵を作って攻撃するなんて、そんなの間違ってる。俺らは画面越しからポジティブなメッセージを発信したかった。

今、この場所には愛しかない。俺たちがこのBAD HOP WORLDで表現したかったのはそういうことなんだ

[T-Pablow]

クラウドファウンディングの実地


BAD HOP WORLDの本番当日からスタートしたクラウドファウンディング。

BAD HOPの支援をしようと多くの人がパトロンになりました。

3月1日のライブ開始前の時点で「約1500万」の資金が集まっており、順調にスタートしました。

ライブ配信中には堀江貴文(ホリエモン)が支援を呼びかけ、一気に支援金が増えた場面もありました。

最終的に集まった金額は1億円の目標に対し約7884万円。支援者は6835人となりました。

100万円の支援者が6人、20万円が2人、10万円が107人と高額支援者も多数現れ、ファンや支援者からのたくさんの応援が集まりました。

セットリスト

  1. JET
  2. Double Up
  3. Poppin
  4. I Feel Like Goku
  5. Handz Up
  6. ICHIMANYEN
  7. Dead Coaster
  8. YAGI
  9. Walking Dead
  10. 2018
  11. WAR
  12. In The Mode
  13. RedruM
  14. Gucci Scarf
  15. HiiSpace
  16. PLAYER 1
  17. Super Car
  18. Asian Doll
  19. Intro
  20. No New Friends
  21. ZION
  22. Back Stage
  23. Prologue
  24. Mobb Life
  25. Ocean View
  26. White T-shirt
  27. Life Style
  28. Chain Gang
  29. これ以外
  30. Diamond
  31. Kawasaki Drift
  32. Foreign

Apple Music限定配信のEP

 

この投稿をInstagramで見る

 

BAD HOP Information(@badhop_info)がシェアした投稿


Apple Musicとの企画で計画されたEPで、配信はApple MusicのみのEP「Lift Off」。

プロデューサーは、世界を代表するアーティストのヒット曲を手がける

  • MurdaBeatz
  • Metro Boomin
  • Mike Will Made-It
  • Mustard
  • Wheezy
  • Turbo

豪華すぎる面々が揃っています。

レコーディングもL.Aで行われ、その様子を収録した映像も配信されています。

BAD HOPのオススメの音源

BAD HOPのオススメの音源【10選】コラボ曲や限定配信曲もまとめBAD HOP(バッド ホップ)は、神奈川県川崎市出身の8人組ヒップホップグループです。 メンバーは、 T-Pablow...

まとめ

BAD HOPのメンバーを紹介しました。

8人それぞれ良さがあっていいですね。

武道館を成功させ、次はアリーナです。

頑張ってほしいですね。

ABOUT ME
ラップ&CBD
ラップ&CBD
ラップ&CBD管理人。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA