ラッパー紹介

BACH LOGIC|3つの顔を持つ音楽家を紹介【鋼田テフロン】バックロジック

日本を代表すべきトラックメーカーでもあるBACHLOGIC(バッチロジック)。

多彩な才能を持つBACHLOGICは、音楽プロデューサーとして活動する時は、「BACHLOGIC」名義、ラッパーとして活動する時は「鋼田テフロン」「H.Teflon」と3つの顔を持っています。

「この人は同一人物なの?」と混乱してしまう人も多いようですね。

さて、今回は、ヒップホップ界を引っ張り、日本語ラップの立役者とも言われているBACH LOGICの魅力について紹介していきます!

おすすめの音源についても紹介しますので、ぜひ最後までチェックしてみてくださいね!

BACH LOGICのプロフィール

BACH LOGICは、1979年大阪府生まれ。

DJをしていた兄の影響、ダンスの流行により、BACH LOGICは、常にヒップホップが流れている環境で過ごすことになります。

2002年、DOBERMAN INC(ドーベルマンインク)というヒップホップグループを結成し、大阪を拠点に活動スタート。

2004年には、ミニアルバム『CONVERSATION PIECE』でメジャーデビューを果たした後、2008年に東京へと拠点を移しました。

翌年、2009年には、「Amebreak AWARD 2009 Amebreak BEST PRODUCERs」に選ばれるなど、高評価を得たBACH LOGICは、ヒップホップ界からも引っ張りだことなる存在に。

KREVA、Zeebra、AKLO、SEEDAなどのラッパーからオファーを受け、様々な楽曲を提供しています。

意外なことに、西野カナにも楽曲提供しているんですよ!興味がある方は、西野カナの「WRONG」を聴いてみてくださいね!

BACH LOGICの経歴・過去

前述のとおり、BACH LOGICは、DOBERMAN INC(のちに、DOBERMAN INFINITY(ドーベルマン・インフィニティ)に改名)の一員として活躍していました。

「DOBERMAN INC」という名を世に知らせることになった曲と言えば、EXILEとフューチャリングした「24karatsですよね。

なんと、この曲の作曲をBACH LOGICは手掛けています。

ゴールドと黒で統一されたMV、イカツイ衣装を身にまとったEXILEを見て「EXILEって、こんな曲も歌うんだ!」と思った人は多いのではないでしょうか。

この曲は、世間に対し、今までとは違うEXILEのイメージ与えた1曲であり、DOBERMAN INCのかっこよさを思い知らされた1曲にもなりました。

当時は、EXILEのようなオラオラ系のファッションに憧れる男性が、街中に増えていましたよね。

そのくらい24karatsはかっこいい曲として浸透していたことから、世間にすごい影響を与えた1曲と言っても過言ではないでしょう。

その後、BACH LOGICは自身が主宰するレーベル「ONE YEAR WAR MUSIC」を設立。

SALUやAKLOなど、当時のシーンでは若手だった2人の活躍はBACH LOGICのプロデュースがあってこそかもしれません。

2人の活躍は、BACH LOGICが手掛けたことを知ると、いかに、BACH LOGICがプロデューサーとして実力者なのかがわかりますよね!

BACH LOGIC・鋼田テフロンのおススメの音源

BACH LOGICは様々な名曲を作り出しています。ここで、私がおすすめする曲を2曲紹介したいと思います!

まず1曲目は、SALUとフューチャリングした「THE GIRL ON A BOARDfeat. 鋼田テフロン」から。

この曲は、SALUの2曲目のシングルとして配信されました。サビは、SALUではなく、鋼田テフロンが歌っていることも注目ポイント!

USヒップホップらしさは全くなく、どちらかと言えばポップなイメージがあるこの楽曲は、いかにもSALUらしさが引き出されていて、とても聴きやすいテイストで仕上がっています。

そして、次におすすめしたいのはは、AKLOの「Too Fast」なのですが、SALUとはまた違った雰囲気のサウンドで、めちゃめちゃ大人の雰囲気たっぷりの1曲となっています。

SALUの曲は、ドライブにピッタリなサウンドが多いのに対し、AKLOは夜のクラブで聴きたいようなサウンドに仕上がっています。

あなたの好みに合わせて、ぜひ聴いてみてくささいね!

まとめ

日本のヒップホップ界で愛される音楽プロデューサーBACH LOGIC。

様々なヒップホップスタイルがある中、多くのアーティスト、ラッパーに支持されるBACH LOGICが、いかに影響を与えることができるトラックメーカー・アーティストであるのかが分かりますよね!

重低音が響き渡るUSヒップホップテイストの曲のみならず、日本人でも聴きやすい日本語ラップまで手掛けるBACH LOGICに、これからも注目していきましょう!