サブスク

Apple MusicとSpotifyを徹底比較!お勧めはどっち?

音楽の販売は今やCDからネットでの配信サービスが主な市場となりつつあります。
皆様も、音楽配信サービスを利用しているのではないでしょうか?

ですが、何を利用すればいいのかわからない方も多いと思います。
なんとなく携帯に元々入っていたアプリを使っている方やどれを選べばわからなくて迷っている方はぜひこの記事を読んでみてください。

この記事では音楽配信サービスの中でも有名な

この2社を様々な角度から比較していきたいと思います。

Apple MusicとSpotify比較

日本人の半数以上はiPhoneを使っているというデータもあります、なのでapple musicを使っている方は多いのではないでしょうか。

対して、spotifyは世界的に最大手の音楽配信サービスです。
名前を知っていたりアプリのアイコンを見たことのある方も多いと思います。

この、日本人の身近にあるappel musicと世界的に有名なspotifyを比較してどのような特徴があるのかを見ていきましょう。

比べていくのは以下のような項目です。

  • 料金
  • 曲数と利用者数
  • 無料プラン
  • 音質

料金形態

料金にはいくつかプランがあるのでそれぞれ見ていきましょう。

apple music

学割プラン 月々480円
個人プラン 月々980円
ファミリープラン 月々1480円

spotify

学割プラン 月々480円
個人プラン 月々980円
ファミリープラン 月々1480円

それぞれ、プラン・料金共に同じです。

料金が同じなら、サービスの部分が重要ですね。

曲数と利用者数

apple music

・6000万曲。6000万人。

spotify

・5000万曲。2億3200万人(有料会員1億800万人)

曲数はapple musicの方が勝っていますね。

会員数は圧倒的にspotifyに軍配が上がっています。

ですが、会員数や曲数は日々変動しています。
数が多いほうが優良というわけでもないのでご参考までに。

無料プランの有無

apple music

・無料トライアル3ヶ月間

spotify

・制約はあるが永久無料プランあり
・無料トライアル30日

apple musicの方は3ヶ月を過ぎてしまうとその後は有料のプランしかできません。
また、無料プランのままにしておくと自動的に有料プランに移行するので注意です!

spotifyは広告表示や制限時間などの制約がありますが永久に無料のプランがあります。

無料の期間はapple music3ヶ月spotify30日と大きく差があります。
apple musicの3ヶ月無料はとても快適に体験できますよ。

音質

大まかに説明すると音の質を表すのはbps(Bit Per Second)という単位で数値が大きければ大きいほど音質が良いとされています。
それを踏まえて見ていきましょう。

apple music

・最大256kbps。

spotify

・無料最高160kbps。
・有料最高320kbps。

音質はオフラインやWifi環境などで変わるので一概には言えませんが最高の音質はspotifyの有料プランですね。

音質に少しでもこだわるのあればspotifyの有料プランがいいです。
spotifyは音質を変更できるのでそこも強みですね。

AppleMUSICとSpotifyの強みと弱み

Apple MusicとSpotifyの強みと弱みを比較していきます。

apple musicの強み

まずはApple Musicの強みから見ていきます。

安定した使いやすさ

すごく使いやすいです。白を基調としたデザインで曲も見やすい表示です。
Siriに音楽をかけてもらうこともできますし。
プレイリストを作るのも簡単で
曲を検索⇒ダウンロード⇒作成
簡単作業でストレス無く楽しめます。

どの作業をするのもアイコンを見れば一目瞭然なものが多く、悩むことも煩わしいものも少ないです。

apple社製品での関連

逆に言ってしまうとapple社の製品のみとも言えるのですが、apple watchやcarplayなどapple社製品をよく使う方にはおすすめです。
別のデバイスで利用する場合も簡単で同じApple IDでサインインするだけです。

apple musicの弱み

有料プランしかない

先程も説明しましたが、無料体験を終えると有料プランしかありません。
音楽は無料で楽しみたい方には痛いですね。
ですが無料期間は3ヶ月と長いためその間に考えが変わるかもしれません。
解約はいつでもできますので迷ってる方は、とりあえず一度登録することをおすすめします。

spotifyの強み

無料プランがある

1番の強みです。spotifyを超える無料サービスはないかもしれません。
デバイスによって制約は違いますがスマホの場合、好きな曲を選んで好きなようには聴けませんがフルで聴けますし、時間制限等もないです。

音質を変えれる

有料版のみですが音質を変えることができます。

外出時などは少し音質を低くして通信量を抑え、家にいるときは思いっ切りいい音質で聞く…
そんな使い方もできますよ。

デバイスが多い。

あげると書ききれないのですが使用できるデバイスはたくさんあり車やスマホ、ゲーム機など多岐に渡ります。
相互性が高いので何が使用できるか事前に確認しておくとよいです。

spotifyの弱み

無料トライアルの短さ

apple musicが3ヶ月のトライアルに対し、こちらは30日
しっかりと使い心地を確認するには十分ですが、もう少し無料で使えると嬉しいですよね。

邦楽が少ない

曲数に比べ、聴ける邦楽は少ない印象です。
apple musicでは聴けるけどこっちでは聴けないアーティストとかもあるので無料で確認してみましょう。
洋楽はたくさんあるので洋楽好きには逆に利点になりますね。

Apple MusicとSpotifyどっちがオススメ?

大まかに分けるなら

です。

無料のspotifyはなんとなく聴いていたい方にはおすすめできます。
シャッフルなのでいい曲と巡り会えるかもしれませんし。
好きな曲がいいタイミングで流れてきてくれると嬉しかったりします。

パソコンなどのデバイスなら1ヶ月の時間制限がありますが好きなように再生できますよ。

apple musicの有料版はとにかく使いやすいです。
音質もこだわりがない方なら全然気にならないくらい、いいものですしダウンロードも簡単で難しい作業はありません。
だいたい聴きたい邦楽は揃っているのではないでしょうか。
もちろん邦楽だけではなく洋楽も揃っていますし無料の期間に聴きたい曲があるか調べることも可能です。

また、上にも記載しましたが日本人は多くの方がiPhoneを使っています。
この記事を読んでいる方も多いと思います、iPhoneの方は他のデバイスやデータ移行のことを考えるとapple musicを利用することをおすすめします!

まとめ

どちらも一長一短ある音楽配信サービス。

とりあえずなにか登録してみたい方は、紹介させていただいた2つの無料トライアルを登録してみてください。
spotifyの無料ボリュームに驚くことは間違いないです。
apple musicの使いやすさにも驚くはずです。

無料の期間が終わったらどれにすれば選べばいいのです。
何に登録しようか迷っているのでしたらぜひ、この記事を参考にしてみてくださいね。

ABOUT ME
ラップ&CBD
ラップ&CBD
ラップ&CBD管理人。
2020年日本語ラップ新譜まとめ
2020年日本語ラップ新譜まとめ