まとめ記事

2021年に注目しておきたいラッパー【6人】

日本語ラップの盛り上がりも無事7年が経ちました!

いよいよ文化になりつつある日本語ラップの2021年に注目しておきたいラッパーを紹介します。

MaRI.

ブラジル・日本・イタリアのクオーターのフィメールラッパー。

98年生まれの22歳ながら両親を自殺と癌で亡くしています。

カリスマ性と過激なリリックが持ち味で、「LIL DICK」と「Ima Bad Bitch」は必聴です。

ラップスキルに磨きをかければ確実に2021年トップラッパーの仲間入りです。

T-STONE

レペゼン徳島県のhoodstar。

ラップスキルは既にトップレベルです。

ラップスタアで注目を集めた「G:nt」との楽曲「 Renovation feat. G:nt」は傑作です。

数年以内に必ずトップレベルの仲間入りします。

Cookie Plant

アジアのHIP HOPで世界を目指す、ラップとダンスが武器のクルーです。

Maddy相馬のラップスキルの高さ、和風なビートがとてもいいです。

2020年9月に公開されたMV「Bando」は、メンバーの気持ち良いマイクリレーが癖になります。

Hideyoshi

もはや日本国内より海外からの注目度が高いラッパーHideyoshi。

YouTubeに動画をUpすると外国語のコメントの多さにびっくりします。

見た目からは想像できない太い声と、確実に落とすパンチラインは天才的です。

ブラックなHip hopが好きな方にオススメです。

VILLSHANA

イケメンでラップまで上手いという、神に選ばれたような存在です。

メロディーのあるラップが特徴で、聞きやすい為か女性ファンも多いです。

DJ RYOWのアルバム参加など注目度を高めています。

KENNY-G

HIP HOPへの愛が凄く伝わるラッパーです。

舐達麻BADSAIKUSHとの件からクラシック「OUTLAW」で2020年を盛りあげました。

出す楽曲はビートからとても拘って制作している事がわかります。

顔出しNG、裏の世界?のラッパーに2021年も大注目です。

ABOUT ME
ラップ&CBD
ラップ&CBD管理人。