BASI

BASI / かさぶた/ 歌詞 / kojikoji


明日へのページをめくる あやまって指を切る

真っ赤な血が顔を出す 思わず指を吸う

行きた心地噛み締めて 時に自分を焚きつけて

パチパチと音を立てて 静かに情熱は燃える

雨は上がりtry again 水たまりはまりどないやねん

繰り返す自問自答 揺らぐ日も結ぶ靴紐

とどまることなく もっとラフに もっと楽に

力まずにできるはずと言い聞かす



いくら傷を負ったとしても 歩みを指すように歩みを止めぬ

時が経てばかさぶたになり いつか 剥がれ落ちるまで

 

浮いては沈むプラスマイナス 笑みは絶やさず暮らす毎日

仕事に追われ 人に揉まれ 時に流されて

またセンターに印すバミリ 焚き火さながら 熱はたぎり

夜中に恋人のことを想い 朝には眠いと言い目をこする

ふとまぶしい光が照らすのは 君とチルしたいつかのテラス

ささやかな幸せを集めて なんとか今日という日を保ってる

花のように凛として その姿が愛おしくて

優しい気持ちになって 僕は歌えてる

怯まないで 愛のままに ほら地球すら歌い始める

 

時が経てばかさぶたになり いつか 剥がれ落ちるまで

いくら傷を負ったとしても 歩みを指すように歩みを止めぬ



時が経てばかさぶたになり いつか 剥がれ落ちるまで

怯まないで 愛のままに ほら地球すら歌い始める

時が経てばかさぶたになり いつか 剥がれ落ちるまで

 

生きよう 今を

生きよう 今を