舐達麻

FUTURE / 舐達麻 / 歌詞

今を読んだこの後自由に泳いだ外
言い訳逃れ執行猶予喉から手
俺と仲間に火を灯す
夏夜歩きてぇな遊びてぇなずっと
今みたいにナイスな音四六時中耳元
バブル時期と昔からマジで俺たちの歌を歌う
だけのプランと昔から狼煙は太巻きのブランド
こんなクソみたいな世の中で大体
クソな謳い文句がが徘徊
溢れてる仕打ちは理不尽はうっとうしい
非合法でも最上級
420もう大丈夫
ここは解放区状況は最悪でも悩む意味は皆無
俺は手段は厭わない時流れは儚いが立ち止まらない時の流れはとめどない思い紙に託し
数々の名シーン積もる歴史大麻運ぶタクシー
神に祈るリリックが注射器なしのエクスタシー
数々のマリファを燃やした煙たいヤサ日本一な
みんなで話しロッククソみんなで話し合った懐かしいな今はさうまくさ
この先いいことが絶対俺とその仲間に
降りかかる笑い声や喝采you ライムは
バタサイ
俺たちは間違いない隣にいる顔ドン底に落とすな
絶対這い上がろうな
今に見てな
鼻から後ろはねえ
先は明るいさ

目先見れば憂鬱
その先にまず幸せ
自由に笑い合うルールなんてシカトで
秋が来たら収穫冬は無く
芽吹く春育つ夏止まらないサイクル
生きてる手を合わせる過ぎた命日
昔に比べたら出来すぎた毎日
ただ、息をして過ごすなんて虚しく
今あるひととき眠ることさえ惜しむ
裁判向かう4時20分に出廷
切れない縁メリージェーン誓う永遠
夢で見るhigh time夢でも会いたい
どこにいても変わらない唯一無二の存在
あと何度見れる朝を待つ寝顔
会えない日々目を閉じ願う幸を
整列行進そんなん柄じゃない
本音語れなけらゃ腹から笑えない
my bros日は登るいずれ来る夜明け
終わりじゃ無く始まり再開は笑顔で
胸に宿る魂体張って守る
絶やすな灯火何度だって咲き誇る

Future、よく言うじゃん、いい日旅立ち
起きまくる間違い上手く捌く恥じない
昨日、飛んで明日今日の状況
何章節分?パンチラインが証明する
波瀾万丈、狂気秘めた消費、所持して
思い込み、速くなった頭、重い腰、森羅万象、
正気だった 嗅ぎ回るDoggy、寄り道ひとっ飛び
まだまだ吸い続けた地獄の沙汰JointHashishShatter異国の花
甘い蜜泥水どれも啜り底つく
上手に飛行乗ってく風はどこ吹くアテンション
完全燃焼無理矢理燃やして行き着く先即座に青天井
限界は無く満開に咲く濃厚な煙から出る言葉花開く

関連記事