ラッパー紹介

【阿修羅MIC】元関学生のラッパーのプロフィールや逮捕歴・事件を紹介!生い立ち・病気の事まとめ

阿修羅MICは関西出身のアウトローラッパーで、情に熱い事でも有名です。

かなりヤンチャな人物ですが、調べた限り一貫して仲間や人の事を想って行動しています。

この記事では、2005年にラッパーとなり、神戸のフッドスターにまで上り詰めた阿修羅MICについて紹介していきます。

阿修羅MICのプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

ashura_mic(@ashura_mic)がシェアした投稿

MCネーム 阿修羅MIC
本名 坂口賢
生まれ 1986年生まれ
レペゼン 神戸
レーベル KITCHEN HOUSE RECORDZ
SNS Twitter / Instagram

阿修羅MICは2005年、当時19歳の時にラッパーとしての活動を始めます。

関西を中心にLIVEやバトルで活躍し、神戸でのバトルでは全戦全勝という凄い記録の持ち主です。

その活躍から地元以外のイベントからも出演依頼が来るようになり、全国区に。

しかし、長期の獄中生活で一旦表でのラッパーとしての活動は休止。

出所後の2016年に1stEPを発売。

その後も兵庫を代表するラッパーとのコラボや、RYKEY舐達麻とのコラボなどシーンの中心で活躍しています。

ちなみに兵庫はSNEEEZE、BOIL RHYME、Silent Killa Jointなど、最近ではMAISONDEが居ます。

阿修羅MICの父親

阿修羅MICの父親は幼い頃苦労して育ったようです。

ボンクラな父親と、真面目な母親が苦労して育ったそうです。

そんな環境から抜け出すために真面目に勉強に取り組み、大学を卒業。

一流企業に入社しますがリストラをする部署に配属された結果、阿修羅MICが中学時代に父親はノイローゼになっています。

現在は末期癌で闘病生活をしているそうです。

阿修羅MICの母親

阿修羅MICの母親はエンジェルと呼ばれているそうです。

母親はキリスト教の大名を先祖に持つ家庭で育っており、親族にもキリスト教の神父やシスターが多いそうです。

先祖はキリストの大名

キリストの大名をキリシタン大名と言うそうです。

阿修羅MICの母方の先祖で、有馬晴信という大名で、豊臣時代の踏み絵で船の上で燃やされて死んだそうです。

阿修羅MICの家族

阿修羅MICは奥さんと3人の子どもと5人暮らしをしています。

ラッパーとして本気で取り組むようになったのは、家族を養う為でもあるそうです。

バダサイとの出会い

バダサイと曲作りをしている時、言われた言葉がキッカケで曲作りへの姿勢が変わったようです。

「全国でカマしてる奴は1回は毎日曲を書いたことがあったり、音楽を見つめ直した奴」

「騙されてた思って毎日1ヶ月曲を書いてくださいよ」

この言葉をキッカケにできたのが「365DAYS」と「ASURA EP」だと語っています。

漢a.k.a. GAMIからの評価

阿修羅MICと漢が出会ったのは鎖が出来てすぐの時みたいです。

漢は阿修羅MICのリーダーシップやラッパーとしての姿勢を認めています。

生い立ちは良い所の家の出でも、ghetto life、タフさもあると語っています。

阿修羅MICの過去・生い立ち

小学生時代から中学生時代

阿修羅MICは兵庫県で生まれ、小学生時代から剣道をやっています。

その流れで剣道部のある中学へ通い、打ち込んでいたようです。

中学時代からヒゲを生やしていた阿修羅MIC。

人格障害で思い通りにならないことは許せない性格の父親と喧嘩になり、敗北した過去があります。

その結果家を出ることになった阿修羅MICは友人の家を転々としたり、母親の親戚の教会に住んでいた過去があります。

高校時代

中学時代から打ち込んだ剣道で関西学院高等部に推薦入学した阿修羅MIC。

推薦をくれたのは中学時代にお世話になった教会の神父で、神父は関学の校長と繋がりを持っていたそうです。

父親との喧嘩をきっかけに阿修羅MICは父親に恐怖を覚え、高校時代は父と同じように大学進学を考えたようです。

関西学院大学時代

複雑な家庭環境の中でも剣道を頑張ってきた阿修羅MIC。

出席日数や成績も悪かったそうですが、関学の校長は阿修羅MICの剣道の頑張りを認めて進学を認めてくれたそうです。

奨学金で進学したと思っていた阿修羅MICですが、実は喧嘩して会っていなかった父親がお金を出してくれていたと語っています。

入学後19歳でラッパーの道を歩み始めます。

逮捕・退学

関西学院大学在籍中、音楽仲間4人と起こした窃盗事件がキッカケで自主退学しています。

窃盗やひったくりを累計50件以上繰り返していたみたいで、420万以上荒稼ぎ。

逮捕時は「キャバクラでつこうた」と供述し、その後9ヶ月間もの間勾留。

一緒に窃盗した仲間の一人には、「阿修羅MICから大麻を買った」と供述されさらに刑期が伸びてます。

神父との生活

出所後は神父のおじさんと1ヶ月の生活しています。

そこで「家族の為・人の為」に生きている人に迷惑をかけるのはダサいことだと考えたそうです。

兵庫県に半グレ認定される

2019年に兵庫県に半グレ認定されています。

半グレ認定された結果、警察に見張られる生活が続きます。

その後警察から麻取が張り込むようになり、ハスラーを辞めたそうです。

阿修羅MICの逮捕歴・事件

阿修羅MICの起こした事件と言えば「神戸市内の女子中学生に大麻を無償で譲渡した事件」です。

譲渡された女子中学生が逮捕され発覚し、この事件は「大麻史上最年少逮捕」として取り上げられました。

阿修羅MICがそんな事を?と思いましたが、実は裏があります。

逮捕された女子中学生は義姉と2人暮らしの複雑な環境で育ち、そこで大麻や㋛。ブを覚えたそうです。

しかし、大麻や㋛。ブは高いので、とても買えるものではなく、円交でお金を稼いで購入していると阿修羅MICに話します。

大麻はまだ良くても、「シ。ブや¥交」は良くないと、阿修羅MICは大麻を譲渡。

仕事まで斡旋してあげたそうです。

しかし女子中学生が捕まり、阿修羅MICも逮捕されてしまいます。

逮捕当日の話

阿修羅MICの逮捕当日、警察は30人体制でヘリまで飛ばしていたそうです。

イベント終わり、警察に声を掛けられたが大麻を所持していたため逃走。

逃走中人にぶつかるもその人まで警察だったとか。

阿修羅MICの為に多大な人員を用意し、ヘリまで飛ばすのは兵庫県警の本気度が伝わります。

逃亡生活

阿修羅MICは先輩と運転手(バングラデシュ人のウッディー)の3人で逃亡生活をしていた時があるそうです。

潜伏先は名古屋に居るウッディーの知り合いのパキスタン人(ムジブ)の所。

潜伏先では毎日カレーが出されていたそうです。

3日目くらいに違う調理をしている所を目撃し、やっとカレー以外の物を食えると喜びます。

喜こぶ阿修羅MICの前に出てきたのは、ドライカレー。うん。

阿修羅MICのラッパーとしての経歴

大学に入学した19歳の時にラッパーとしてMICを握った阿修羅MIC。

神戸のMCバトルでは全戦全勝の記録を持っています。

この時期「CONCORD FAMILY」に加入し、地元以外のイベントにも出演します。

丁度この時期、ラッパーとしてノっていた時期に上記の「大麻取締法」での逮捕を経験。

長い間シーンから消えてしまいます。

しかし檻の中でもリリックは書き続け1st EPを出所後に発表。

地元では兄気分的な存在となり、RYKEY舐達麻とのコラボで一気に人気が再熱しました。

檻の中で書き上げた1stEP

ラッパーとして軌道に乗り始めた2010年の逮捕。

しかし阿修羅MICは自分を失わず檻の中で50曲以上のLyricを書き上げます。

この50曲以上の中から厳選された曲が1stEP「CHAIN GANG」に収録されている6曲です。

同じく檻の中でクラシック「COME CLEAN 」を完成させたB.I.G JOEもこの1stEPに参加しています。

ちなみにB.I.G JOEは獄中から4枚のアルバムをリリースしています。

阿修羅MICの病気の件

阿修羅MICが以前インスタグラムに入院中の画像を投稿し、「#モヤモヤ病」のタグ付けをしていました。

モヤモヤ病は10万人に6~7人程度発症する病気の様で、原因不明の病です。

手足の麻痺や言語障害の起こる難病。

阿修羅MICの手術が無事成功して良かったです。

イケてる男!阿修羅MIC

阿修羅MICはRYKEYYZERRのBEEFの件で仲裁したことでも話題になりました。

ツイッターで繰り広げられたBEEFでしたが、RYKEYと共に配信したインスタライブではあくまでも中立の位置を保ち、「曲で返せ」「HIPHOP的なBEEFにしよう」と提案しました。

その後、BEEFは自然消滅しました。

また、RYKEYが逮捕された時には2人で録った音源をMVと共に公開。

世間の批判を気にも留めないスタイルは本当にカッコよかったです。

YZERRともその後進展があり、なんと拘置所へ面会に行ったときにYZERRとバッタリ出会っています。

中立的な立場だったこともあり、YZERRと阿修羅MICに遺恨は無かったようです。

舐達麻とのMV公開

舐達麻とのコラボでかなり煙たい曲かと思えば、阿修羅MICのverseはかなり重い内容となっていました。

特に、

だが法にも触れるなら 牢にも行けるな

上記のLyricはかなりのパンチラインです。

DELTAのHookもGoodでした。

ニヒル玉とは

ニヒルとはよく「クール」「カッコイイ」という意味で使われています。

しかし本来は「虚無」という意味が正しい様です。(虚無は何もせずむなしいという意味)

阿修羅MICいわく、人間にはみんな自分だけの「ニヒル」があり、阿修羅MICにとってのニヒルはタバコを吸っている自分。

ニヒルを感じさせてくれるタバコでしたが、上記のモヤモヤ病が原因で吸うことが出来なくなり、阿修羅MICはニヒル玉にニヒルを感じるようになります。

聞き覚えの無いニヒル玉ですが、正体は中国が発祥の健康器具「健身球」です。

ニート東京でご覧になった方はご存知の通り、回すと綺麗で澄んだ音が鳴ります。

もしかしたら阿修羅MICと同じ様に健身球を回すことで禁煙が出来るかもしれません。

まとめ

今回はレペゼン神戸の阿修羅MICについて紹介しました。

情に熱い男で困っている人を助ける精神は見習いたいですね。

RYKEYや舐達麻とのコラボも好評でしたし、アルバム発売を楽しみに待ちます!

ABOUT ME
ラップ&CBD
ラップ&CBD
ラップ&CBD管理人。
関連記事
2020年日本語ラップ新譜まとめ
2020年日本語ラップ新譜まとめ