ラッパー紹介

ちゃんみなのプロフィールや過去を調査!彼氏や親友・高校生ラップ選手権もまとめ

溢れ出る才能で注目を集めるフィメールラッパーちゃんみな。

楽曲はもちろん、ファッションやメイクなど、圧倒的なセンスで同世代から憧れの的されています。

強さと儚さを兼ね備える彼女のスタイルは、どのようにして出来上がったのでしょうか?

プロフィールから経歴、恋愛観や仲の良いラッパーなどをご紹介します!

ちゃんみなのプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

ちゃんみな CHANMINA(@minachanxx)がシェアした投稿

MCネーム ちゃんみな
本名 乙茂内 美奈 (おともない みな)
生年月日 1998年10月14日
出身地 東京都練馬区
血液型 A型
SNS Twitter / Instagram

ちゃんみなは東京都練馬区出身のフィメールラッパーです。

ラップ選手権やTV出演で注目度を高め、女子中高生からは圧倒的な支持を得ています。

言語と両親について

 

この投稿をInstagramで見る

 

ちゃんみな CHANMINA(@minachanxx)がシェアした投稿


日本人のお父様と韓国人のお母様の間に生まれたちゃんみな。兄弟はおらず、3歳までは韓国、その後は韓国と日本、アメリカを渡り住んでいたそうです。

日本語、韓国語、英語のトリリンガルというのは大きな強みですね!

お母様は元バレリーナで、幼い頃からバレエ、ピアノ、バイオリンなどを習っていたそうです。

さらにお父様のご実家で飼っている馬に昔から乗っていたそうで、最近では乗馬のライセンスを取りたいと話しています!

話だけ聞くととても裕福なようですが、本人曰く、ご両親は共働きで全く普通の家庭だったそうです。

普段聞いている音楽

ヒップホップだけでなく、クラシックやロックなど様々な音楽を聴くというちゃんみな。

中でも特に尊敬しているのがアヴリル・ラヴィーンで、彼女の負けん気はロックのから影響を受けているそうです。

クラシックでは、チャイコフスキーが好きなようで、「歌詞がないのに、喜怒哀楽が混じり合っている印象」と語っています。

他にはポップスも普段から聞いているようで、常に新しいジャンルに挑戦し続ける彼女の姿勢が伺えますね!

ちゃんみなの過去や経歴

幼少期

 

この投稿をInstagramで見る

 

ちゃんみな CHANMINA(@minachanxx)がシェアした投稿


物心ついた頃には、「何かを表現し続けないと自分が死んでしまうのではないか」思い始めたそう。

音楽番組を見て、「私、歌手になっていい?」と言った彼女に賛成したお母様が、ピアノやバレエを習わせてくれたそうです!

ピアノでは、基礎からコードなど詳しいことまで学び、そのおかげで今の曲作りができていると語っています。

いじめの経験とそれを支えた曲

先ほど紹介したように、日本以外にも韓国やアメリカに在住していたため、幼い頃あまり日本語が得意ではなかったちゃんみな。

その所為か、小学校ではいじめにあっていたそうです。内容は、池に落とされたり、蹴られたりと残酷なものばかり。

しかし、当時彼女は両親にこの事を相談していなかったそうです。自分と両親に大きな年の差がある事から「他のお父さんやお母さんよりも早く亡くなってしまうかもしれない」と気にかけていたそう。

そのため、大好きな両親に心配させまいと、家では泣かないようにしていたんだそうです。

それが原因となり部屋にこもることが増えてきたときに出会ったのが”BIGBANG“でした!

MVを見たときに、こんな音楽があるのか、と衝撃を受けたそうで「この曲によって自分の方向性が決まった」とも話しています。

さらにもう一曲、当時のちゃんみなを支えた曲がSEAMOの「Continue」。

小学六年生の時、彼女がいじめられていることを知っていた担任の先生に紹介された曲だそうです。今の自分を代弁してくれているようだ、と感じたそう。

過去には、グループの中心にような子に気に入られようと、関係のない人を傷つけてしまった経験があるそうで、「優しくされないことより、優しくできないことの方がつらい」と語っています。

中学生時代

中学生時代はかなりやんちゃだったことで有名なちゃんみな。

喧嘩では負け知らずだったとか…。彼女の愛称、”練馬のビヨンセ”は当時の仲間内でのニックネームだったそうです。

中学1年生くらいのときには、江ノ島乗り込み事件というものがあったそうです!mixiで喧嘩を売られ「やってやろうぜ」と当時の仲間と一緒に、練馬から自転車で8時間かけて江ノ島に乗り込んだとか…!

ちなみに、江ノ島にあった八百屋さんのおばちゃんに「あら〜練馬から来たの〜」とバナナをもらったそうです!(笑)

高校生時代〜デビュー


しかし高校に上がる頃、本気で音楽を始めるためにその仲間と距離を置いたそうです。

そこで改めて、本当に音楽が好きだと気がつき、路上ライブやラップバトルへの乱入など、様々な経験を積んだそうです!

高校入学以前からピアノでの録音や作詞をしていたそうですが、きちんとした打ち込みができるようになったのは高校生になってからだそうです。

元々韓国での活動を視野にいれていたそうですが、高校の同級生であるめっしに引き止められたそうです。

その後は日本でどのように活動の場を広げていこうか考え、三年生になった  頃、”BAZOOKA!!!高校生RAP選手権”に出場。

この選手権の一回戦(vs Rei©︎hi)で、彼女は大きな注目を集めることとなりました!

そして2014年4月18日に”ちゃんみな“を配信。

いきなりiTunes Storeランキングで首位を獲得するなど、華々しいデビューを飾りました。

さらに2017年にはアルバム”ちゃんみな“にて、ビクターエンタテイメントからメジャーデビューを果たします!

RAP選手権から見た地獄

とても華々しく見える、メジャーデビューまでの道のり。しかしその一方で、彼女はどうしようもなく辛い思いをしていたと語っています。

彼女が注目されるきっかけとなった高校生ラップ選手権。称賛の声が高まる反面、不特定多数に心ないことをかけられるようになったそう。

ひどい時には体重が10キロほど落ち、生まれて初めて「死にたいと思った」とも語っています。

SNSの拡散力も強まり、様々な動画が簡単に見られる現代ならではの悩みとも言えますね。

高校RAP選手権出場後には、ある夢を見たそうです。

『BAZOOKA!!! 高校生RAP選手権』のあとある夢を見たんです。倉庫でリンチされる夢でした。主犯格は、14歳の時に仲が良かったその子。わたしは抵抗して山道を逃げる。その山道は、いじめられていた小学2年生の時によく見た夢に出てきた山。逃げ続けると、次第に自分の身体が軽くなって、宙に浮いて、あるポイントで突然落ちる。わたしは地面に叩きつけられる……。怖い夢でした。気になって夢占いをしたら、「過去の過ちを繰り返すな」という警告だった。それで考えたんです、何が自分の過ちだったのか。それは、「自分を大切にしないこと」でした。

引用 : https://wmg.jp/chanmina/news/82493/

これ以来”痛みや悲しみを受け入れ、自分自身を愛すること”を決意。

今やファッションアイコンとしても注目を集める彼女の内なる美しさは、”痛み”の先にあったものだと言えますね。

ちゃんみなの彼氏や恋愛観

過去に噂になった2人

恋愛に関する楽曲のほとんどが実体験だというちゃんみなですが、現在彼氏はいるのでしょうか?

過去には言×THEANSWER・Rude-αとの噂があったようですが、どちらも確固たる証拠は出ていません。

言×THEANSWERに関しては、”口説きラップ”というものを披露した際の、2人の距離感が絶妙にリアルだったことから噂がたったのかと思われます!

しかしこれに関しては言×THEANSWER自身がTwitterにて否定していることから、単なる噂であったことがわかります。

Rude-αに関しては、彼が「最近好きな人がいる」と公言したことから、その相手がちゃんみなでは?と憶測が広まったことから噂がたったようです!

昔付き合っていた人に向けた曲の話は出てきますが、現在の恋愛についてはとくに語っていませんね。

歌詞の中の三人称について、過去のインタビューで以下のように答えています。

「”君(きみ)”はまだ付き合っていない人に使い、”あなた”は愛している人に使う。歌詞の中に”あなた”が増えてきたら、彼氏ができたんだなと思ってください」

今後、本人からのしかるべきタイミングでの発表を楽しみに待ちましょう!

ちゃんみなの恋愛観

過去には「強すぎてモテない!」と語っていたこともあるちゃんみな。どちらかというと奥手なタイプだとか。

好みの男性は、「ピーターパンのような人」、「かっこつけずに大きく笑う人」だそうです。自然体でありながら、ロマンチックな雰囲気の漂う人が理想なのでしょうか!

「身長がもう少し低ければ、黒髪にしようかな、と迷ったりもする。でも自分の好きな自分でいたいし…」と葛藤することもあるそう。20代の女の子らしい悩みに乙女心を感じますねね!

高校生RAP選手権の成績


第9回高校生RAP選手権に出場したちゃんみな。結果は二回戦敗退となりましたが、その戦いは高校生RAP選手権史に残ると言っても過言ではないものでした!

一回戦( vs Rei©︎hi)

一回戦は、コンプラ関係なしのライムと高いアンサー力で攻めたてるRei©︎hi。対するは、高校生とは思えない堂々たる構えで圧巻のフロウを見せつけるちゃんみな。

このハイレベルな戦いに、一度は延長へもつれ込みました。しかしその延長、ちゃんみなが大きな仕掛けに出ました!

なんと2バース目に「歌だって歌えんだ私は」と、その歌声を響かせ一気に会場を沸かせました。

その突出したスキルがポイントとなってか、一回戦の結果はちゃんみなの勝利に終わりました。

2回戦( vs 写楽)

写楽とのバトルでちゃんみなは、「Rei©︎hiの涙無駄にはしねえ」と一回戦での様子に触れたアンサーで返します。

白熱したバトルからこの二回戦までの間に、2人の絆はかなり深まっていたのかもしれませんね!

結果は写楽に軍配が上がり、ちゃんみなはここで敗退。鎮座dopenessがコメントしていたように、ここから本格的に写楽のエンジンがかかったように感じます。

第9回は個性派・強者揃いという印象がありますが、そのなかでも彼女は、深い爪痕を残した1人と言えると思います!

ちゃんみなと仲のいいラッパー

Rei©︎hi

 

この投稿をInstagramで見る

 

ちゃんみな CHANMINA(@minachanxx)がシェアした投稿


先ほど紹介した高校生RAP選手権で戦ったRei©︎hi。

ラップよりも経歴の長い格闘技からなるモデルのようなスタイルと、可愛らしい見た目とはギャップのあるライムセンスで人気のラッパーです。

お互いのSNSに度々ツーショットが載るなど、仲の良さが伺える2人の。ちゃんみなのレギュラーラジオの最終回ゲストとしてRei©︎hiが登場したこともありました。

高校生RAP選手権でバトルしたときの印象についてちゃんみなは、「鬼でした。うちのママより怖かった。」と語っています。

本気でぶつかり合ったからこそ理解しあえた2人の絆は、とても強いものと言えそうですね!

めっし


ちゃんみなが韓国での活動を考えた時に、行かないでと泣いたというめっし。そこでちゃんみなは日本に残る決意をしたと言います。

ちゃんみなと同級生で、ラッパーやダンサーとして活躍。もともと2人で”R16″というユニットを組んでいたそうです!

過去に配信された楽曲”Princess”では振り付けなどを担当しているそうで、ちゃんみなにとってなくてはならない存在と言えそうですね。

ちゃんみなのおすすめ音源

FXXKER

メジャーになったからって丸くならない、私は変わらない、という意味を込めてこの曲名にしたそうです。
一言にFXXKと言っても、すごい!最高!という意味もあり、彼女の狙い通り思わず唸ってしまうようなこの曲は、まさに”最高”です。

Doctor

海外からの反響も多いDoctor。独自の目線で描写される風刺まじりの歌詞には、ハッと気付かされる何かがありますね。

CHOCOLATE


この曲もまた、実体験からできた曲だそうです。歌うとスッキリするんだとか!(笑)
こちらのMVにはダンサーとしてめっしが参加しています。他にも豪華なメンバーが出演していますので見逃せない作品です!

I’m a pop


ジャンルに囚われ口を出してくる人に向けた、ちゃんみなによるヒップホップで、ロックで、ポップス。
ちゃんみなとはどんなアーティストなのかを知るのにふさわしい一曲かと思います!

ボイスメモ No.5


どうしようもなく抜け出せない深い場所で、少しずつ壊れていくような曲。
切ない声色から、自暴自棄になったような恐怖さえ感じる声色まで、彼女の繊細な表現が詰め込まれています。

まとめ

今後は世界に向けた楽曲にも挑戦したいと語るちゃんみな。

辛い経験さえ美しさに変えてみせる彼女の強さは、唯一無二。

ちょっとした環境の違いから疎外された少女が、日本を代表するラッパーになる日は近いかもしれませんね!

ABOUT ME
ラップ&CBD
ラップ&CBD
ラップ&CBD管理人。
関連記事
2020年日本語ラップ新譜まとめ
2020年日本語ラップ新譜まとめ