ラッパー紹介

【SCARS】のメンバーを紹介!日本語ラップ界伝説のグループを紐解きます!

日本のラップシーンにおける、伝説的グループSCARS。

日本で初めてハスリンラップを始めたグループとしても知られていますね!

その名前は聞いたことがあっても、どんなメンバーがいて、そのメンバーたちは、どんな過去をもっているのか、知らない人も多いのではないでしょうか。

今回は、そんな方たちのために、SCARSのメンバーを紹介していきたいと思います。

STARSCAR収録のEP↓

SCRASとは

SCRASは2003年に神奈川県川崎市周辺の仲間で結成されたHIP HOP CREW。

日本のハスリングラップと言えばSCARSと言われるほどストリートのリアルを音源に描写しています。

ちなみにSCARSは給料制である事が分かっている。

SCARSのメンバーを紹介

早速SCARSのメンバーは以下の通りです。

  1. A-THUG
  2. BES
  3. bay-4k
  4. SEEDA
  5. MANNY
  6. 林鷹
  7. STICKY
  8. SAC
  9. I-DEA

1人ずつ紹介します。

A-THUG

 

この投稿をInstagramで見る

 

athug044g(@athug044g)がシェアした投稿

MCネーム A-THUG
本名 不明
生年月日 1980年11月18日
出身 神奈川県川崎市川中島
所属 SCARS / DMF
SNS Twitter / Instagram

地元は川崎市の川中島。

怖そうな見た目とは裏腹、いわゆる「普通」の家庭で育ったそうです。

現在は、SCARSのリーダーを務める傍ら、DJ J-SCHEMEやKNZZが所属するDMF(DAWG MAFIA FAMILY)の一員としても活動しています。

罪名は不明ですが、過去に服役経験があります。

犯罪経験をリリックに取り入れることで、A―THUG独自の、よりリアルな作品が生み出されています。

また、映画を見ることが好きで、「トニー・モンタナ」、「カリートの道」、「ブロウ」などから影響を受けているそうです。

BES

 

この投稿をInstagramで見る

 

P-VINE RECORDS 〈HIPHOP〉(@p_vine_hiphop)がシェアした投稿

MCネーム BES
本名 不明
生年月日 1978年
所属 SCARS / SWANKY SWIPE
SNS Twitter

出身は東京都の青海。

DJ PORSCHE、YODEL、トラックメイカーのEISHINらとスワンキー・スワイプを結成し、メインMCとして活動しながら、SCARSに加入しました。

BESといえば、やっぱり「声」ですよね。

地鳴りを思わせるかのような声が放つフロウが反響を呼び、「BESっぽいラップ」というコンセプトさえ生んだほどです。

2007年にはUMB本戦に出場し見事に準優勝という結果を残しました。

翌2008年に発売されたソロデビューアルバムREBUILD では、メシアThe Fly 、、仙人掌などが客演として参加しています。

bay4k

 

この投稿をInstagramで見る

 

bay4k_2408(@bay4k_mini4wd)がシェアした投稿

MCネーム bay4k
本名 不明
出身 川崎南部
所属 SCARS
SNS Twitter / Instagram

在日コリアン3世としても知られるbay4K。

出身地は川崎で、現在2児のパパでもあります。

SCARSだけではなく、練マザファッカーのメンバーとしても知られている彼。

過去に、TBSで放送された「リンカーン」の中で、芸人「中川家の剛」を練マザに弟子入りさせる、という企画がありました。

その時に、「中川家の剛」や、「松本人志」と共演したことでも有名です。

そんなbay4kは、今年の4月に、脳出血で倒れてしまいました。言語障害と、右半身不随が残ってしまっているようです。

現状やリハビリの様子が、bay4k自身のofficialのyoutubeチャンネルに、動画にUPされてていますよ。

MCネームの由来

bay4kのMCネームの由来は「bay=浜辺(浜辺で育ったから)」。

「4」は4丁目出身から、「k」が本名の「韓」から。

SEEDA

 

この投稿をInstagramで見る

 

月刊サイゾー(@cyzo_mag)がシェアした投稿

MCネーム SEEDA
本名 吉田なおひと
生年月日 1980年11月17日
出身 東京都練馬区
育ち イギリスロンドン
所属 SCARS
メディア ニートtokyo
SNS Twitter

東京都練馬区出身。

現在38歳です。

奥さんは、歌手のEMI MARIAだということでも有名ですね。

小1から中1までの期間を、ロンドンにて過ごしました。

SEEDAと聞いて、いちばん最初に思い浮かぶワードはBEEFだという人も多いのではないでしょうか。

テリヤキボーイズの「SERIOUS JAPANESE」という曲は、SEEDAと、GEEKのOKIの楽曲「Sai Bai Men」のフックを無断でサンプリングしたものだったため、これがBEEFの発端となってしまったそうです。

このBEEFは、「TERIYAKIBEEF」と呼ばれています。動画もありますので、気になる方は、ぜひ見てみてください。

MCネームの由来

SEEDAのMCネームの由来は苗字の「吉田」から。

YOSHIDA→SHIDA→SEEDAとなっています。

MANNY

SCARSと聞いたら、SEEDAや、BESを最初に思い浮かべる人が多いと思いますが、この方もまたかっこいいラップスキルを兼ね備えているMCの一人です。

代表作と言えば、Path/SEEDA Feat. Manny Of SCARS, BES Of SWANKY SWIPEですね。

林鷹

 

この投稿をInstagramで見る

 

🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱林 鷹 (関外地区)🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱(@hayashi_taka_gt)がシェアした投稿

MCネーム 林鷹(EX.GANGSTA TAKA)
本名 林鷹
出身 神奈川県横浜市
所属 SCARS
SNS Twitter / Instagram

出身は、横浜の元町。伊勢崎町をレペゼンしています。

CLUB CIRCUS、THE BRIDGE YOKOHAMA CLUB HEAVENでのパーティーや、黒人中心のパーティーで、MCの頭角を現しました。

、また、〈CONCRETE GREEN〉にGANGSTA TAKAとして客演したことにより、一気に注目を集めました。

林鷹のお爺さんは稲川会最高顧問で林組初代総長の林喜一郎と分かっています。

STICKY

MCネーム STICKY
本名 松本恭平
生年月日 8月15日
出身 川崎南部
所属 SCARS
SNS Twitter

不信感や絶望感、そして孤独感をなどをコンセプトにしたラップを売りにしているSTICKY。

コアなファンが多いことでも有名です。

そんな彼ががHIP HOPを好きになったきっかけは、中学のときにA-THUGがA TRIBE CALLED QUESTの“OH MY GOD”のPVを観せてくれたからだそう。

代表作は「WHERE’S MY MONEY」。客演に、MSCの漢や、鬼などを招き、かなり聞きごたえのあるソロアルバムとなっています。

SAC

トラックメイカー。持ち前のサンプリングセンスは、ヘッズたちを、度々唸らせました。

代表作は、「音の殺し屋」。このアルバムなしでは、HIPHOPを語れない!そんな作品に仕上がっています!

自身のレーベル『FEEL OR BEEF ENTERTAINMENT』も立ち上げ、SMITH-CNとコラボしたことでも、有名ですね。

現在は舐達麻をはじめとする多くのラッパーのプロデュースを手掛けています。

I-DEA

出身は、青森県。かつて、SCARSのメンバーだったこの人もまた、トラックメイカーです。

90年代の後半に、BUDDHA BRANDのDEV LARGEが立ち上げた“エルドラドレコーズ”の作品にマニピュレートとして参加したり、鬼の名曲「小名浜」をプロデュースしたりと、日本のHIPHOP界の話題をかっさらいました。

また、ほかには、KOHHや、R-指定、GOODMOODGOKUの楽曲もてがけ、様々なアーティストからの支持を得るなど、大活躍しています。

SCARSおススメの音源

伝説となっていたSCARSのアルバム「SCARS THE ALBUM」が、AppleMusicなどで配信されています。

まとめ

実力派が勢ぞろいしているSCARS。伝説的と呼ばれる理由が、少しわかったかと思います。

これからもチェック必須なクルーですね!

今回の記事を読んで、SCARSに興味を持った方は、ぜひ、音源を聞いたり、ライブに足を運んだりしてみてほしいです!

ABOUT ME
ラップ&CBD
ラップ&CBD
ラップ&CBD管理人。
関連記事