ラッパー紹介

【Mall Boyz】Tohji×gummyboyのプロフィールや読み方を紹介!

Mall Boyz(モールボーイズ)はTohjiとgummyboyを中心に、steiとSahashiを含めた4人組のグループです。

Tohjiはロンドンで生まれて横浜・東京で育ち、2017年ごろからラップを始めました。

また、gummyboyはTohjiに勧められたことがラップを始めるきっかけになったようです。

SteiとSahashiは「Mall Tape」でプロデューサーとアートディレクターとして携わっています。

この記事では

  • Mall Boyzメンバーのプロフィール
  • Mall Boyzの結成秘話

についてご紹介しています。

Mall Boyzのメンバー【実は4人?】紹介します。

Mall BoyzはラッパーのTohjiとgummyboyを中心とした、映像・マネジメントクルーやプロデューサーを含めたグループです。

メンバーはTohjiとgummyboy以外にも、プロデューサーのsteiとアートディレクターのSahashiも含まれます。

Mall Boyz(モールボーイズ)のメンバーの読み方とプロフィールについてご紹介します。

Tohji(トウジ)

ラッパーのTohjiは1996年にロンドンで生まれて横浜・東京で育ちました。

東大出身者が多い名門校の麻布高等学校に通っていましたが退学しています。

高校を退学した理由は校内の選挙活動が原因です。

このことは週刊新潮にも掲載され、麻布高校の壁新聞に掲載された異様ないじめニュースとして取り上げられました。

Tohjiはこの事件の首謀者として仕立て挙げられて多くの仲間を失い退学になっています。

麻布高校を退学後は1年間引きこもり、その後ラップを通して自分を表現することによって自分を取り戻していきました。

Tohjiがラップを本格的に始めたのは2017年ごろです。

「SoundCloud」にアップしたものを海外のトラックメーカーにアプローチをもらうようになり、それがきっかけで海外のクリエイターに曲を提供するようになりました。

現在Tohjiは武蔵野美術大学に通っています。

gummyboy(グミボーイ)

gummyboyは東京・杉並区出身です。

本名は「あきら」といいはじめは本名で活動していましたが、あきらという名前の人がたくさんいるので変更することになりました。

Gummyboyの由来はグミが好きでゲームのアカウント名などは「グミ太郎」と名付けていましたが、そのまま使うのではなく「グミボーイ」にしようと決めたようです。

音楽に興味を持ったきっかけは姉がエミネムをよく聴いていたことから影響を受けました。

そのころから「Wu-Tang Clan」や「G-Funk」をよく聴くようになったようです。

音楽を始めたきっかけはTohjiと大学が同じだったため、2017年6月から勧められて始めました。

gummyboyはアニメがリリックに影響を及ぼすこともあり、「テニスの王子様」や「NARUTO」「HUNTER×HUNTER」「犬夜叉」が好きなようです。

創作意欲やモチベーションは遊びから湧くようで、今後は「凛として時雨」と一緒に共演したいと話しています。

stei(ステイ)

steiは東京で活動するプロデューサーです。

「Mall Tape」のマネジメント的な部分を手掛けています。

多国籍コレクティブdosingの活動も行っています。

また、steiはgummyboyのEP「Ultimate Nerd Gang」も手掛けました。

曲を作るときの動機は、ネガティブな動機以外あまり作らないようです。

自分の中にある納得いかないことなど溜まったものを自分で形にしています。

そのほか、今やっているメンバーと一緒に自分たちでしかできないものを作るのが好きなようです。

Sahashi(サハシ)

Sahashiは「Mall Tape」のジャケットを手がけています。

gummyboyの「Ultimate Nerd Gang」もsahashiが手がけました。

Tohjiとは昔からの友人だったようです。

SahashiはMall Boyzの曲作りのときには必ず呼ばれます。

みんなに元気を与えたり、マインドキープしてくれたりする存在のようです。

Mall Boyzの結成秘話

Mall BoyzのTohjiとgummyboyが知り合ったきっかけは、Tohjiが友人3人と住んでいるヤサに友人がgummyboyを連れてきたのがきっかけです。

初対面の印象はお互いに同じことを話せるやつだと思い、お互いに良いと思う音楽について6時間ぐらい話し合いました。

Gummyboyから見たTohjiの印象は、刺されるのではと思うぐらい怖かったようです。

今のスタイルになったきっかけは、自分の持っているすべてを音楽にぶちこもうと思ったからでした。

また、SteiがTohjiと知り合ったきっかけは「SoundCloud」で連絡を取り合ったことから仲良くなったようです。

自分のEPに参加してほしい日本のラッパーを探していた時にYouTubeでTohjiがダニーボーイというアメリカのプロデューサーとコラボした曲を聴きました。

SoundCloudのDMからTohjiに連絡をして一緒に曲を作ることになったようです。

Tohjiのアカペラがとてもよく、エフェクトをかけていない声は魂があるように感じたと話しています。

また、Mall Boyzはいい人の集まりで今おもしろいと思っていることや、楽しいと思っていることを好きなままやるなど情熱がある人たちの集まりだと話しました。

Mall Boyzのおススメの音源

Mall Boyzの数ある音源の中から筆者おススメの音源を紹介します。

再生ボタンで視聴できます。

また、リンクはAppleMusicものです。

まとめ

Mall Boyzメンバーのプロフィールと結成秘話についてご紹介しました。

Tohjiは麻布高校を退学後は引きこもっていましたが、ラップを通して自分を取り戻すことができました。

gummyboyの名前の由来はグミが好きだから「グミ太郎」から名前をつけたようです。

Steiはプロデューサーとして「Mall Tape」やgummyboyの「Ultimate Nerd Gang」を手掛けています。

Sahashiは昔からTohjiの友人で曲作りのときは必ず呼ばれるほどメンバーと仲がいいです。