K

【KEN THE 390】プロフィールや年齢・読み方・奥さんまとめ

KEN THE 390は東京都町田市出身のラッパーです。

音源はもちろん、CMやMCバトル出場、審査員、社長業などマルチに活躍されています。

この記事では、KEN THE 390さんの過去から現在に至るまでを掘り下げて紹介していきます。

KEN THE 390のプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

KENTHE390(@kenthe390)がシェアした投稿

MCネームKEN THE 390
本名佐久間 健
出身東京都町田市
誕生日1981年6月17日
学歴早稲田大学社会科学部
所属DREAM BOY
SNSTwitter / Instagram

KEN THE 390は1981年6月17日に東京都町田市で誕生します。

早稲田大学社会科学部に入学後は、サークル「ソウルミュージック研究会GALAXY」に参加。

インディーズレーベル、メジャーレーベルを経て、現在は自身のレーベル「DREAM BOY」を主宰しています。

KEN THE 390の読み方

KEN THE 390の読み方は「ケンザサンキューマル」です。

テレビ東京系列の「モヤモヤさまぁ〜ず2」に偶然出演した際には、さまぁ〜ずの三村さんに「ケンザサクオ」と読まれていました。

KEN THE 390の名前の由来

KEN THE 390のMCネームは本名に由来します。

390は苗字の「さくま」、KENは名前の「健」からつけられています。

実際の名前は「たけし」だそうです。

KEN THE 390は結婚している?家族は?

KEN THE 390さんは、2019年1月29日にもとグラビアアイドルでタレントのかえひろみさんと結婚しています。

2020年8月2日には長男が誕生しパパになりました。

学歴

KEN THE 390は早稲田大学社会科学部を卒業しています。

「ソウルミュージック研究会GALAXY」に参加し仲間と共に切磋琢磨していたため「ラッパーが大学に通っている」という感覚だったそうです。

大学4年生の頃からアルバム制作など音楽活動が本格的に忙しくなったため1年留年し、5年かけて大学を卒業しました。

リクルート入社

KEN THE 390は大学卒業後。人材業界大手のリクルートに入社しました。

内定をもらってから大学を1年留年したため、入社は内定をもらってから約2年後だったそうです。

大学時代同様に「ラッパーが社会人をしている」という感覚を失わないように、飲み会を断って帰宅し毎日音源制作に注力しました。

リクルートに務めて約2年半後に退社し、ラッパーとして独立します。

社会人生活で良いことも悪いことも経験したからこそアイデンティーが形成されたとインタビューでも語っています。

2018年にはリクルートが発行する求人情報誌「タウンワーク」のCMに出演し、松本人志とラップバトルで共演しました。

ファッション

KEN THE 390は「BILLIONAIRE BOYS CLUB(ビリオネアボーイズクラブ)」の服を愛用しています。

BILLIONAIRE BOYS CLUBはアメリカ人ミュージシャンのファレルウィリアムズが設立したブランドです。

「ベールボールキャップにパーカー」のようなBボーイファッションはあまり見られません。

シャツやジャケットの着用も多く見られます。

またプライベートでは、モノトーンな服を着ることが多いと過去のインタビューで語っていました。

趣味

KEN THE 390はインドアな休日を過ごすことが多く、ハードディスクに録りためたビデオを見ることが多いそうです。

またパーソナリティを務めていたラジオ番組「TOKYO SOUNDS GOOD」ではサウナ好きを公言していました。

KEN THE 390の過去・経歴

 

この投稿をInstagramで見る

 

KENTHE390(@kenthe390)がシェアした投稿

KEN THE 390は進学校から早稲田大学合格、大手企業を経てラッパーとして活躍しています。

高校時代にラップに出会い、受験勉強の合間に公園でラップの練習に明け暮れます。

早稲田大学ではTARO SOULなど現在も活躍するラッパーと同じサークルで切磋琢磨します。

現在はレーベルの社長を務めています。

HIP HOPとの出会い

KEN THE 390はもともと、バンド少年でした。

高校2年生の夏に友人からもらったミックステープをきっかけにヒップホップに出会いました。

KEN THE 390は進学校に通っていたため勉強漬けで規則も守る真面目な生活を送っていました。

そんなKEN THE 390とは真反対なラッパーたちが「自分にはないものを確実に持っているかっこいい存在」に見えました。

枠外の人に対して感じた憧れがKEN THE 390をヒップホップにのめり込ませます。

ラップを始めたきっかけ

KEN THE 390はヒップホップにハマると、在学する進学校の同級生男子1000人の中から2人のヒップホップ好きの生徒を見つけ出します。

3人で歌詞を書いては、町田市の芹ケ谷公園にアイワのラジカセを持参し披露しあったといいます。

当時KEN THE 390は、図書館で勉強をしてからディスクユニオンで音源を探し、芹ケ谷公園でラップを練習する日々を過ごしていたそうです。

この日々を回想して作られた曲が2018年にリリースされたEP「Think!」の1曲目「Think Of You」です。

ラッパーとしての経歴

KEN THE 390は早稲田大学入学後、「ソウルミュージック研究会GALAXY」に加入します。

GALAXYはかつてライムスターも加入していた有名ヒップホップサークルです。

在学中からB-BOY PARKをはじめとした数多くのMCバトルに出場します。

MCバトルのみならず、SSWS(シンジュク・スポークン・ワーズ・スラム)という、制限時間内に詩など自由な形で思っていることを披露する場にも積極的に参加します。

アウェイなラッパーとして場を盛り上げるため、エモーショナルに言葉をぶつけることを覚えます。

この経験から2004年2005年くらいのMCバトルでは負ける気がしなかったそうです。

社会人1年目が終わろうとする2006年3月にファーストアルバム「プロローグ」をリリース。

リクルート退社後はラッパー1本で活動し、全国ツアーや海外でのライブを行います。

2009年の3 ON 3 PROFESSIONAL MC BATTLEではダースレイダー、MASARUと共に出場し優勝。

2015年の戦極MC BATTLE 第13章では準優勝を果たしています。

同2015年にテレビ朝日系列で放送開始した「フリースタイルダンジョン」では、2020年の放送終了まで審査員を務めました。

15周年を迎えた2020年5月にはアニバーサリーベストアルバムをリリース。

現在までに11本のオリジナルアルバムを発表しています。

デビュー曲

KEN THE 390の最初のリリース作品は、2004年にEI-ONE、はなびと結成したユニット「りんご」のアルバム「りんごのりんご」です。

KEN THE 390個人で最初の作品は2006年リリースのソロアルバム「プロローグ」。

最初のシングルは2009年にリリースした「届けたくて・・・feat.青山テルマ」です。

ラップスタイル

KEN THE 390のラップスタイルは、知性あふれる歌詞を早口なビートにのせることが特徴です。

またMCバトルでは韻を踏むことよりも的確にアンサー返すことを重視し、会場をわかせています。

KEN THE 390は「ヒップホップであること」と「自分自身に向き合うこと」を重視しているとインタビューで答えており、その姿勢が歌詞にも現れています。

所属しているレーベルやチーム

KEN THE 390の現在のレーベルは、自身が主宰する「DREAM BOY」です。

DREAM BOYの設立は2011年で、今年20周年を迎えます。

KEN THE 390は大学時代に、ダースレーダーらと「Da.Me.Records」を立ち上げ所属していました。

その後、メジャーレーベルのavexにも所属しました。

「面白いアイデアを実現させるためにフットワーク軽く自分で頑張って動いてみたい」と思ったことがきっかけでレーベルの設立に至ったそうです。


KEN THE 390の仲のいい人物

 

この投稿をInstagramで見る

 

KENTHE390(@kenthe390)がシェアした投稿

KEN THE 390の大学サークル時代の同期には、TARO SOUL、志人なもるなもない、DEJIといった現在まで活躍を続けているラッパーたちがいます。

彼等に引っ張り上げてもらったと一方で、自分より先にMCバトルなどで結果を出すことに悔しさも感じ、自分に何があるか模索し悩みもしたといいます。

楽曲のフューチャリングでは、SKY-HI、ERONEサイプレス上野KOPERUらと複数回共演しており、親交の深さを感じます。



KEN THE 390のオススメ音源

KEN THE 390のおすすめの音源を5曲紹介します。

真っ向勝負feat.MC☆ニガリa.k.a赤い稲妻,KOPERU,CHICO CARLITO,晋平太

タPVではめずらしいB-BOYスタイルのKEN THE 390を見ることができます。

MCバトルのビートにもよく使われています。

インファイト feat.ERONE,FORK(ICE BAHN),裂固,Mr.Q

曲名の通り韻の固さが魅力的な1曲。

共演も若手の裂固からベテランのMr.Qまで豪華です。

Lego!! Remix ft,SKY-HI,KLOOZ,環ROY,TARO SOUL

DREAM BOY初期の1曲。

AAAのメンバーSKY-HIを迎えたことでも話題になりました。

ゆっくりめなビートで、休日に聞きたくなります。

夜が来るまで Remix feat. ACE COOL

KEN THE 390を初めて聞く人も思わず口ずさんでしまう1曲。

若手のACE COOLにいち早く注目するKEN THE 390の感度の高さにも感服です。

Be Natural

トラックメイカーとアーティストがコラボして新たな楽曲を作り出す番組「SMASH HIT」で生まれた1曲。

トラックはDJ PMXが作りました。

KEN THE 390のイメージが変わる1曲です。

まとめ

今回はKEN THE 390について紹介しました。

「ヒップホップ」「ラッパー」に対して世間が持つイメージを変えるようなアーティストだと思います。

これからも音源やテレビでのKEN THE 390の活躍が楽しみです。

ABOUT ME
ラップ&CBD
ラップ&CBD管理人。