CBD

【HEMP BABY】CBDグミの商品レビュー!使い心地や良かった点・コスパを紹介

CBD「HEMP BABY」グミに興味をもっている人は多いのではないでしょうか?

SNSで話題になって、口コミやレビューの評判もいい。

オイルやワックスが主流のCBD製品のなかで、「HEMP BABY」はずいぶんポップな印象です。

僕はCBD歴5年ほどですが、グミタイプのCBD製品は使用したことがなかったの、「HEMP BABY」を実際に買って試してみました。

1ヶ月使い続けてみたところ、「HEMP BABY」はお気に入りのCBD製品になりました。

使いやすい、効果が強い、コスパがいい。

HEMP BABY」の人気の秘密はこのあたりにありそうです。

改善点もありますが、買って損はないCBD製品ですね。

実際に「HEMP BABY」を1ヶ月試してみて、よく寝られるようになったため、疲労が抜けやすくなり調子が良い生活を送れています。

こんなCBD製品「HEMP BABY」グミの良かった点や、悪かった点、製品情報などをまとめてみたので紹介したいと思います。

CBD「HEMP BABY」グミとは?

食べるタイプのCBD製品で、楽天でお菓子のグミ部門第1位を獲得するなど人気のCBD製品です。

グミなのでCBDを手軽に摂取可能。この手軽さがCBDを継続して使い続けられるポイントになっています。

主な使用目的は、日常のストレスや不眠などに悩む人たちの生活の質を改善するためです。

具体的な効果は不眠の軽減や緊張、不安の緩和、痛みの軽減などになります。

HEMP BABYの詳細》

CBD「HEMP BABY」グミの使い方

リラックスしたいとき、寝つきが悪いとき、体の痛みがあるときなど、自分の用途に合わせて使用できます。

僕は「HEMP BABY」をサプリメントのように使用しています。

朝は心の調子を整えるサプリメントとして半粒を摂取。残りの半粒は昼間に摂取して、寝る前に1粒と、このような使い方をしています。

人付き合いが苦手な人は、人と会う時に「HEMP BABY」を摂取すると、普段よりリラックスして過ごすせるので気疲れを減らせます。

仕事でプレゼンするときなど、あがり症な人は「HEMP BABY」を摂取すれば落ち着いてプレゼンができるでしょう。

休みの時に「HEMP BABY」を摂取して、のんびり散歩したり温泉にはいったりするのもおすすめです。リラックスして休日を楽しめます。

リラックス感が強いので、本格的な登山やランニングなど激しい運動には向いていないかもしれませんね。

【CBDとは】効果やリスクを紹介!摂取方法とお得に買う方法も解説CBDは正式名称を「カンナビジオール」といい、麻(アサ)に含まれている植物栄養素のひとつです。 CBDは、不安を和らげたり、炎症を...

寝る前に摂取する

たとえば、「いつも4~5時間で目が覚めてしまうな、、」「寝つきが悪くて、ベットに入ってから2時間は寝られない、、」こんなときに使用するといいでしょう。

寝る30分くらい前に使用すると徐々にぼんやりする感じになるので、そのままゴロゴロしていると眠りに入れます。
効果がでるのは30分~1時間後です。

日中に摂取する

ストレスや仕事でイライラする時、気持ちが不安定で落ち込んでる時、眠くならない程度に使用すると、気持ちが落ち着くため、思考がまとまりやすくなり、仕事への集中力が増してきます。

普段ならイライラするような出来事があまり気にならなくなります。

朝の通勤電車が遅延してもイライラしないでいられますよ。

頭痛や肩こりなどの痛みがある時

頭痛や肩こりの痛みが和らぎます。

パソコンなどのデスクワークで肩こりがひどいときなど、使用をおすすめします。

「HEMP BABY」の良かった点

HEMP BABY」はCBD製品の中で、トップクラスの効果があると思います。

特に睡眠障害のある人にはおすすめです。効果の持続時間が長いので、7~8時間は熟睡できます。

CBDの効果に関しては文句なしです。

持ち運びが容易なため、外出先で簡単にCBDを摂取することが可能です。

会社や旅行、遠出などする時に「HEMP BABY」を持ち歩けます。

コスパが安く財布にやさしい。1日1粒で160円ほどなのでペットボトルのジュースと同じくらいです。

HEMP BABY」はお試しで購入できる5個入りタイプが販売されています。

CBD製品を選ぶのに失敗したくない人は、まずは5個入りタイプを購入してみるといいと思います。

HEMP BABYの詳細》

「HEMP BABY」の悪かった点

HEMP BABY」はオーガニック製品ではなく、添加物がはいっています。

日本で禁止の添加物ははいっていませんが、気になる人は別ブランドCBDFXで添加物なしのCBDグミが販売されています。

CBDfxのグミ

CBDの体感が強いため眠くなりすぎる時があり、仕事のときは摂りすぎに注意が必要です。

グミに砂糖が入っているため虫歯になる可能性があります。眠る前に摂取するときは、歯磨きをする前に摂取したほがよいでしょう。

また、グミタイプなので即効性がなく、30分ほど効果がでるのに時間がかかります。

使い心地

味は甘くておいしいでが、個人的にはもう少し酸味があるほうが好みです。

どちらかというとソフトな噛みごたえですね。

味覚がするどい人はCBDの苦味を少し感じるかもしれません。毎回は感じませんでしたが何度か苦味を感じました。

グミの表面は砂糖がついているので夏は表面が溶けてベトベトになるかもしれません。

外に持ち出したときにグミが溶けて、袋にくっついたことがありました。

気温が高い時は冷蔵庫に保管したほうがよさそうです。

コスパ

コスパはCBD製品の中で圧倒的に安くなります。

ただし、5個入り25個入りのコスパはあまり良くありません。

CBD製品のコスパを調べるには、CBD1mgあたりの価格で計算します。

HEMP BABY」のCBD1mgあたりの価格を表にしてみました。

1粒15mgタイプと1粒25mgタイプの2種類の比較です。
※価格はサイトによって変わるので参考価格になります。

1粒15mgCBD1mg当たり1粒25mgCBD1mg当たり
 5個入 1280円17円5個入 1680円13.4円
25個入 5800円15.4円25個入 7180円11.5円
 50個入 8800円11.7円25個入 7180円7.8円
100個入 14280円9.5円100個入 15800円6.3円

1番コスパが良いのは100個入りCBD1粒あたり25mgのタイプです。

100個入りCBD1粒あたり25mgのタイプを1日1個、1ヶ月摂取したとすると、

1日あたり158円、1カ月あたり4740円になります。

標準的なCBD製品との比較(1mgあたり10円のCBD製品)と比較すると、

HEMP BABY     1日あたり158円   1ヶ月あたり4740円

標準的なCBD製品   1日あたり250円  1ヶ月あたり7500円

HEMP BABY」のほうが、1ヶ月で2760円、1年間で33120円安くなります。

毎日CBDを摂取すると、この違いは大きな差になりますね。

ほかのCBD製品はワックスタイプ、リキッドタイプ、オイルタイプ、ガムタイプなどがあります。

代表的なCBD製品ですとCBD1mgあたりのコスパは10円前後が相場です。

グミタイプのCBDは「HEMP BABY」のほかに、コスパの良いCBD製品「CBDFX」グミなど数種類あります。

グミタイプのCBDは全体的にコスパが安くなります。

HEMP BABYの詳細》

感じた効果

HEMP BABY」を1ヶ月ほど摂取しましたが、リラックスする効果と睡眠障害の改善、この2つが一番実感できた効果でした。

夜寝る前に1粒摂取してベットでゴロゴロしているとあくびがではじめ、ぼんやりとしてきます。

温泉に浸かってほっとする感覚に近いですね。その後じわじわ穏やかな気持ちになり、リラックスした状態が続きます。

たいていはそのまま眠りにつけるでしょう。

寝られない場合もありますが、CBDの効果で心がリラックスしているので寝られないことがあまり気にならなくなります。

そのようなときは開き直って「HEMP BABY」の効果を楽しむぐらいの気持ちでいると眠れるかもしれませんね。

仕事の時は半粒が自分の適量で、リラックスするけど眠くならず、ポジティブな感情で仕事に取り組めます。

心が穏やかになるので上司にいやな仕事を頼まれても、「まあ仕方ないなあ、、」くらいでネガティブな感情を引きずらにやり過ごせるでしょう。

仕事のときに使用する場合、「HEMP BABY」の効果が強いため摂取量が多いと眠くなり仕事に集中できなくなることがありました。

エナジードリンクなどを飲んで対応しましたが、眠くなったら10分ほど昼寝するのが一番効果的ですね。

また頭痛がしたときに摂取したときは、効果が現れるのに1時間ほどかかり、徐々に痛みが和らぎました。ただ完全に痛みが消えなかったので鎮痛剤の効果より弱い効き目だと思います。

激しい痛みにはあまり効果は期待できないかもしれません。

CBDの効果は個人差があり、ほろ酔い感覚みたいなのを感じる人もいれば、何も感じない人もいると思います。

「HEMP BABY」を摂取後30分くらいはテレビやネットなどを見ないで、ぼんやりしていると体が温かく感じたり、リラックスした気持ちに気づけるかもしれません。

製品情報

ブランド名HEMP BABY
商品名CBDグミ  HEMP BABY
製造方法ブロードスペクトラムタイプ
原産国アメリカ
内容量4種類(5個・25個・50個・100個入り)
原材料コーンシロップ、砂糖、コーンスターチ、ゼラチン、CBD、CBN、ク        エン酸、酒石酸、リンゴ酸、着色料、人工香料
フレーバー・全5種類の味(レモン オレンジ ソーダ ストロベリー グリーン         アップル)がランダムに入っています。
種類CBDの量が違うタイプの2種類

  • 1粒 CBD15mg+CBN3mg
  • 1粒 CBD25mg+CBN5m

※2020年よりCBDに加えてCBNを配合した新バージョンになりました。
CBNは鎮静作用、睡眠改善に高い効果を発揮し、CBDとの相乗効果を期待されています。

製品の特徴

製造販売しているのは、アメリカのフロリダ州にあるCBDブランドのHEMPBABY社です。

アメリカ産のオーガニックヘンプを原料に使用。全ての製品は第三者機関の試験にてTHCフリーが証明されています。

着色料などの添加物は日本で禁止されているものは使用されていません。

まとめ

「HEMP BABY」は使いやすくて、効果が強く、コスパも良い優秀なCBD製品だと思います。

朝、昼、夜と違うシチュエーションで試してみましたが、「HEMP BABY」は眠くなる効果が強いため、寝る前に使用するのがもっとも効果的な使い方かもしれませんね。

リラックス効果も強いので毎日の生活に取り入れれば、日常を楽しく過ごすことができるのではないでしょうか。

実際に僕もよく眠れるようになり、元気に生活できています。

全ての人に同じような効果があるとは思いませんが、CBDに興味がある人は「HEMP BABY」をおすすめしたいですね。

「HEMP BABY」の効果を体感できない人は、まずは寝る前や家で、リラックスした環境で使用すると効果を実感しやすいかもしれません。

慣れてきたらどこでもCBDの効果を体感できるでしょう。

CBD「HEMP BABY」グミが、穏やかな生活を送る手助けになればいいですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ABOUT ME
ラップ&CBD
ラップ&CBD管理人。