F

【Fuma no KTR(フウマ・ノ・コタロウ)】プロフィールや結婚・服まとめ

MCバトルで成り上がったFuma no KTR(フウマ・ノ・コタロウ)は、2000年生まれの、若手注目株のバトルMC/ラッパーです。

以前は、藤KooS(フジコース)として活動し、類を見ないフロウとセンスの持ち主で、一躍スポットライトを浴び、活躍するようになります。

Fuma no KTRのプロフィールや、MCバトルや過去の経歴、仲のいい人物やオススメの音源をご紹介します。

音源をコンスタントにリリースし、どんどんと風格を醸し出すラッパーとして目が離せないアーティストの1人。

MCバトルのライブアーティストでゲスト出演する機会が多く、パフォーマンスも見逃せない存在です。

Fuma no KTRのプロフィール

MCネームFuma no KTR(フウマノコタロウ)
別名義藤KooS(フジコース) /  八咫烏(ヤタガラス)
本名藤岡 駿
生年月日2000年10月10日
SNSTwitter / Instagram

名前の由来

詳細は不明ですが、藤KooSは、名字の藤岡から取っていると思われます。

様々なMCバトルに出演し、ラッパーのONO-Dと2 ON 2で挑んだ大会もありました。

その時のフリースタイルバトルで、2人共コンビ名として「忍者隊」と発言し、その後に、White ninjaと名乗り、音源を制作。

高校生時代に藤KooSから、八咫烏に改名します。

八咫烏は、伊賀忍者の由来の話からきていると思われ、Fuma no KTRは、一度家庭を理由に、ラップを引退。

復帰以降にFuma no KTRとして活動を再開し、名前の由来は、忍者の名前から取ったりしていることが、憶測として考えられます。

結婚

19歳の時に、子供を授かり、結婚しています。

妻のユイナさん、女の子の夏乃葉(なのは)ちゃんを支える為に、好きなラップで働くことを決意。

結婚後は、拠点を大阪から、子育てのため妻の実家である札幌へ引っ越しします。

家族

詳細は不明ですが、父親がイギリス国籍で母親が日本人のハーフだそうです。

しかし、一緒に住んでいるのは、本当の父親ではないことを母親から告白されたそう。

Fuma no KTRは、それほどショックではないと話しています。

ファッション

提供される服を、よく着用しています。

「RAPPA」が刺繍されているCAPは、Fuma no KTRが普段被っていたKAPPAのデザインを見て閃いた、ラッパーのHIDADDYが作ったようです。

他にも、ファッションブランドDALLとのコラボロンTや、SCLARCHとのコラボ
“HEART BREAK”TシャツやCAPも発売。

交友関係があり、Fuma no KTRに影響を受けお笑い芸人になったと話している、四千頭身の後藤に、”HEART BREAK”TシャツやCAPをプレゼントしています。

性格

明るくオープンに接し、同年代から目上の人まで幅広い交流が見受けられます。

関西弁の親しみやすさと、笑顔が絶えない所は、良い印象が残りますね。

趣味

ゲーム好きなようです。

インタビューで、戦争をテーマとしたシューティングゲーム、”コールオブデューティーシリーズ”で使う、AK-47やM16を好きな銃として話しています。

Fuma no KTRの過去・経歴

HIPHOPとの出会い

小学校3年生の時に、サッカーアニメ”イナズマイレブン”のオープニングテーマ曲のラップパートが好きになったことが、聴くキッカケになりました。

その後、ボーカロイドやネットラップを聴くようになり、らっぷびとやytr(ユトリ)といったアーティストに影響を受けます。

ネットラップではHIPHOPのリリックを引用することが多く、様々なジャパニーズヒップホップを知るように。

jinmenusagiなどを聴いて、HIPHOPに魅了されます。

MCバトルを知ったのは幼稚園からの幼馴染、ラッパーのADECK(アデック)からのススメです。

高校生RAP選手権や、フリースタイルダンジョンを見るようになり、ADECKがバトルをし始め、Fuma no KTRも、自分もできるやろうと思い、バトルをやり始めます。

ラップを始めたきっかけ

高校2年生の最初の頃にラップを初めて、第12回高校生RAP選手権のオーディションに応募し、実践でマイクを握り始めます。

フリースタイルバトルはやったことがなく、初めてのオーディションでいきなり最終選考まで残ったそです。

確信を持ったFuma no KTRは、本腰でラップに力を入れるようになります。

大阪のラッパー、HIDDADYに声を掛けられ、MCバトルだけやってラップスキルを磨き上げ、第14回BAZOOKA!!!高校生RAP選手権で本戦に出場します。

MCバトルで躍進

第14回BAZOOKA!!!高校生RAP選手権でベスト4、第15回で準優勝、第16回ではベスト8。

00世代(2000年代生まれ)と言われるラッパー、百足やHARDYといった、有名なアーティストと肩を並べるほど輝かしい成績を残しています。

高校生RAP選手権では、第12回から第15回、第10回からの本戦出場者と、優勝者と準優勝者が集まった、第16回に出場。

他にも、凱旋MCBattle、戦極MCBattle、真ADRENALINE、LEGALIZE MC BATTLEなど数々の大会に出場。

呂布カルマ、SIMON JP、RAWAXXX、ACE、名だたるラッパー達に挑み、スキルとフロウを磨いています。

ハイスクールダンジョンのラスボス


ラッパーのZEEBRAに実力が目に止まり、日本全国の高校生がフリースタイルラップバトルする番組、ABEMA TV「ハイスクールダンジョン」モンスターの、初代ラスボスに抜擢されます。

デビュー曲

デビュー曲は、藤KooS時代にラッパーのONO-Dと組んだユニット、White ninja名義でリリースした、”White ninja”であると思われます。

ラッパーとしての経歴

2018年、White ninja名義で、”White ninja”、”Massproduction”を、藤KooS名義で生涯駄作 REMIXをリリース。

2018年から放送されたラップオーディション番組”ラップスタア誕生!”に挑戦。

2nd STAGEまでしか残れなかったが、作品をリリースなど精力的に活動しています。

2019年、”Heart Break”、”American Baby”、”American Baby(WAZGOGG Remix)”を立て続けにシングルを配信。

2020年9月、1st EP”airplane NINJA”、をリリース。

同年12月、プロデューサー理貴とのコラボEP”GRADATION”をリリース。

他にも、Dumperson(ダムパーソン)とコラボ曲”MAYOAH!!”、illrain(イルレイン)とのコラボ曲”CHAIN DOWN”をリリース。

MCバトル大会での、ライブパフォーマンスに呼び声が高く、頻繁にゲスト出演しています。

ラップスタイル


高速ラップを主体とし、自由自在に披露するフロウは、Fuma no KTRが拘っているスタイル。

トラップ系のビートが得意で、MCバトルではオーディエンスを盛り上げることを心掛けているようです。

大きな大会では今のバトルスタイルに合うピースな言葉選びを意識して出場しています。

フロウとスキルは上の世代から一目置かれており、ラッパーのSIMON JPや、晋平太のYOUTUBEチャンネルにゲスト出演し、インタビューを受けるように。

所属しているレーベルやチーム

YOUTUBEチャンネルを主としたレーベル「。airplaneモードにする」に在籍しています。

プロデューサー理貴とのコラボEPは、Scratch Recordsよりリリース。

ソロで活動し、コラボ曲として、様々なアーティストと共演を重ねています。

仲のいい人物

百足、HARDY、ONO-D(00世代)

プライベートで仲が良い、同年代を牽引してきたラッパー。

地元はバラバラですが、バトル大会などで集まったときは遊んでいるそうです。

刺激しあえる仲でもあり、MCバトルで戦ってきた、良きライバル関係であることが伺えます。

SHO-SENSEI!!

 

この投稿をInstagramで見る

 

sho.(@sho_sensei)がシェアした投稿

スタイルに刺激を受ける、尊敬するラッパーとして名を上げています。

同じ所属先のレーベル、「。airplaneモードにする」ですので、交流があるようです。

オススメの音源

American Baby

ヘイターに向けて言い放つ、アッパーチューンです。

MCバトル経験者だからこそ、リリックのスキルと、テンポにハマったフロウが、注目を集めるキッカケとなった楽曲です。

Fuma no KTR×理貴 / EPISODE II


プロデューサーの理貴に見出され、コラボ名義でリリースしたEP”GRADATION”からのミュージックビデオ。

初めてブーンバップ調の作品ではないでしょうか。

昔の自分に向けて問い放ち、家族のために、新しい人生のスタートを切って、ラップゲームを勝ち上がることを決意するリリックになっています。

シンプルなトラックと、ストレートにメッセージ伝わる、オススメの曲です。

まとめ

MCバトルの実績と、HIPHOP業界での注目度で、頭角を表しています。

毎日磨くスキルとフロウを、作品のリリースから、ライブパフォーマンスで幅広く披露して、良い楽曲をどんどん聴いてみたいですね。

若手のラッパーで、目が離せない、バトル系の注目度の高いアーティストです。

ABOUT ME
ラップ&CBD
ラップ&CBD管理人。