D

【DELTA9KID】プロフィールや経歴・逮捕まとめ

DELTA9KIDのプロフィール

MCネームDELTA9KID
本名廣井 大輔(ひろい だいすけ)
生年月日1989年
出身埼玉県深谷市
レーベルAPHRODITE GANG HOLDINGS
SNSInstagram

名前の由来

舐達麻のメンバーBADSAIKUSHが名付けています。

大麻を摂取すると細胞を活性化させる主成分、デルタ・ナイン・テトラヒドロカンナビノールの名前と、メンバーの中で背が低く、「小さくてイケてるやつ」を意味するKID。

両方イケてる意味を持つ名前なので、掛け合わせてDELTA9KIDと命名します。

家族

両親共働きの家庭で育ちます。

仕事で家にいないことが多く、2泊くらい帰ってこないこともありました。

そういうこともあってか、中学生の頃は家に帰るよりもBADSAIKUSHの家に行くことがよくあったそうです。

学歴

高校を中退しています。

BADSAIKUSHと同じ高校に入学し、DELTA9KIDより先に高校に来なくなりました。

後を追うように高校を辞めたのではないでしょうか。

ファッション

 

この投稿をInstagramで見る

 

DELTA9KID(@delta9kid)がシェアした投稿

自身の所属クルー、APHRODITE GANGのオリジナルブランドを着用しています。

APHRODITE GANGは東京発信のブランド”BlackEyePatch”や、元サッカー選手がデザインを手掛ける”WACKO MARIA”とコラボアイテムを発売。

他にもオランダで活躍する日本人彫師”GAKKIN”とのコラボアイテムを発売するなどオリジナルアイテムにも力を入れています。

BADSAIKUSHと2人で世界的コラージュアーティスト”河村康輔”、ロンドン発のセレクトショップ”THE GOODHOOD STORE”、デザイナー村山靖行が発表したトリプルコラボコレクションのイメージモデルとして起用されています。

GAKKIN×舐達麻やAPHRODITE GANG HOLDINGSの服の中古情報発売されたら即完売。 数千円から数万円する高額商品でもネットに張り付かないと買えないレベルで人気になっている、GAKKIN×舐達麻...
DELTA9KIDの着用ファッションまとめ!WACO MARIAや眼鏡などMSCの再来とも評価されている舐達麻。 メンバーはBADSAIKUSH、GPLANTS、DELTA9KIDの3MCで現在構成されて...

タトゥー

 

この投稿をInstagramで見る

 

BADSAIKUSH(@badbadsai)がシェアした投稿

昔から地元の先輩がタトゥーを入れていたこともあり、中学卒業してすぐ彫りにいきます。

最初は左胸に虎を入れて、腕は五分まで。次に反対側も同じく、絵柄は龍を。

背中に筋彫りだけの水滸伝の武松虎退治。手の甲は蛙。首には猫。

彫師TOMOが新潟で経営する”Silk Needle Tattoo”で彫っています。

性格

舐達麻の中で1番穏やかに話している印象です。

DELTA9KIDがインタビューを受けている時など、笑顔で受け応えしています。

趣味

中学生の時はラグビーをやっていました。

家で猫を飼っていて、自身のInstagramにもUPしています。

DELTA9KIDの過去・経歴

 

この投稿をInstagramで見る

 

DELTA9KID(@delta9kid)がシェアした投稿

学生時代

中学になると学校に行かなくなりました。

BADSAIKUSHも学校に行かなくなった頃、2人は出会い仲良くなります。

BADSAIKUSHのいない家で、バダサイの家族とご飯を食べていたほどDELTA9KIDは家に帰っていませんでした。

BADSAIKUSHに飲まされたお酒が初めてで、めちゃくちゃ嘔吐させられたりと、学校に行くよりも遊んでばかり。

お金を出しあって原付バイクを買ったり、バイクをいじったりすることも好きだったDELTA9KIDは、100万円ローンを組んで先輩から買いましたが騙されたのか、バイクは自分の元にこないままお金が戻ってきませんでした。

中学3年になると、BADSAIKUSHと2人で車を買い、群馬県伊勢崎へ行き、女子高生と3人で援交狩りで荒稼ぎし、犯罪を繰り返しています。

HIPHOPとの出会い

18歳でキャデラックを買ったDELTA9KIDは、アメ車屋の社長がHIPHOPに詳しく、車で流したいのがきっかけで、HIPHOPを聴くようになります。

ラップを始めたきっかけ

犯罪を繰り返していた頃、ラッパー、チケットをさばく部隊や旧車會など、無数の集団で形成されていた「49(フォーティーナイン)」を統括していたナンシーに出会います。

音楽はレゲエを聴いていましたが、BADSAIKUSHと共に49に所属しラップを始めます。

ラッパーとしての経歴

DELTA9KIDが刑務所生活をしていた頃、BADSAIKUSH、G-PLANTSらは所属していた49とは異なるクルーとして「舐達麻’s」を結成。

BADSAIKUSHが「49と一緒にやる必要はない」と独立して舐達麻を始め、服役生活を終えたDELTA9KIDが合流しラッパーとして活動を始めます。

舐達麻として、アルバム ”NorthernBlue 1.0.4.”、”GODBREATH BUDDHACESS”の2枚を発売。

阿修羅MIC”365DAYS”にBADSAIKUSHとフィーチャリング。

ANARCHYとBADSAIKUSHがコラボした”ANGELA”ではG-PLANTSと共にフィーチャリングしています。

デビュー曲


アルバム ”NorthernBlue 1.0.4.”でデビューしたのではないでしょうか。

動画はアルバム収録曲、最初にUPされたと思われる”Frequencies”です。

事件・逮捕


2021年4月16日までに、DELTA9KIDとG-PLANTSは大麻取締法違反(所持)と、他男女7人が逮捕されます。

DELTA9KIDは2020年9月当時、大麻片約0.01グラムを所持した疑い、G-PLANTSは4月14日に大麻片計約8.4グラムを所持した疑い。

他7人はG-PLANTSの交際相手や知人といった、APHRODITE GANGのメンバーとみられています。一部は密売目的で所持したりしていた疑いもあるようです。

2009年6月3日には、BADSAIKUSH、一つ歳下の1.0.4(トシ)の3人で金庫泥棒を決行。

深夜2時45分、無灯火で走っていたため警察から追跡され、逃走中に道路左右の塀に激突。

大破した車を運転していたDELTA9KIDはその場から逃走。

事故で車から放り出された1.0.4は全身強打で死亡。BADSAIKUSHはケガをしていたため逃げることができず警察に確保、逮捕されます。

逃走後、仲間から1.0.4が亡くなったことを聞き、当日の朝家族の付き添いで警察に出頭します。

DELTA9KIDは自動車運転過失致死傷と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで逮捕。

4年間刑務所で過ごします。

ロスに向かうカナダの空港で、BADSAIKUSHとDELTA9KIDだけ何もしてないのに手錠をかけられ留置所に入れられます。

日本語で書かれた紙にテロリストの疑いがあると告げられます。

2人共何もしていないが、そのまま強制送還されました。

他にもDELTA9KIDとBADSAIKUSHは、大麻取締法違反で逮捕、実刑判決を受けて2018年の6月にBADSAIKUSHが、10月にDELTA9KIDが出所します。

ラップスタイル

小説、村上龍作品の『限りなく透明に近いブルー』を読んで言葉の響きに衝撃を受け、美しさを意識したリリックを描くようになりました。

言葉の表現方法に気付いてからは、自分なりの美しさをリリックで書き出し、ラップをやってて気持ち良い歌い方を意識したライフスタイルを表現しています。

所属しているレーベルやチーム

埼玉県熊谷市を活動拠点に、舐達麻を中心としたクルー、APHRODITE GANGに所属しています。

マネージャーはすでに何人も存在し、舐達麻の影響力に比例して規模がどんどん大きくなり、APHRODITE GANGもどんどん躍進しています。

BADSAIKUSHとの関係

 

この投稿をInstagramで見る

 

DELTA9KID(@delta9kid)がシェアした投稿

BADSAIKUSHとDELTA9KIDは中学からの幼馴染みで、ここまでの成長は2人の関係性が欠かせないものになっています。

2人が出会ってからDELTA9KIDは学校に行かず、BADSAIKUSHの家によく泊まっていたそうです。

BADSAIKUSHは親の強いススメで高校を受験しますが、DELTA9KIDを無理矢理誘い、誰でも受かると言われていた高校を一緒に受験。

DELTA9KIDは合格し、落ちたBADSAIKUSHは、別な高校をもう1個一緒に受験してほしいと頼み込み、G-PLANTSがいる高校を2人共合格します。

高校生になってからもカツアゲ、暴走族、援交狩り、金庫泥棒、薬物、売人と金を稼ぐため数々の犯罪を犯し、高校は中退。

ある日暴走族時代からお世話になっている先輩から、BADSAIKUSHにヤクザをやらないかと勧誘します。

刑務所にいたDELTA9KIDに相談し、「お前がやるなら俺もやる」と手紙を送ります。

この時に「やる」と言えばヤクザになっていたかもしれないが、DELTA9KIDは「それはやめよう」と暴走族時代から育てられてきた先輩の誘いを断ります。

DELTA9KIDは「ヤクザ以外で生計を立てたい」という気持ちがあり、BADSAIKUSHと先輩の誘いを断ります。

BADSAIKUSH、G-PLANTS、D BUBBLESで、DELTA9KIDが出所するまでの間に舐達麻を結成し4人でラッパーの道を選びました。

犯罪でしか生きることが出来なかった2人は、これまでの出来事をHIPHOPで表現し、共に大人としても成長しているのではないでしょうか。

オススメの音源

阿修羅MIC FEAT.BADSAIKUSH & DELTA9KID / 365DAYS


フックを担当し客演しています。

スローでメロディアスなトラックに、舐達麻のメンバーで独自のフロウを持つDELTA9KIDはナイスなフロウを披露しています。

ソロ音源も是非聴いてみたいです。

ANARCHY & BADSAIKUSH FEAT.舐達麻 / ANGELA


最初にDELTA9KIDがリリックを書き上げてコラボアルバムの中で1番すんなり完成した楽曲になりました。

HIPHOPに対する愛情が感じれるリリックに、舐達麻とANARCHYの個性がしっかり出ている作品になっています。

まとめ

舐達麻としてスタートしたメンバーで、DELTA9KIDは欠かせない存在になっています。

ソロも含めて、様々な所で楽曲を聴きたいラッパーの1人です。

ABOUT ME
ラップ&CBD
ラップ&CBD管理人。