A

【ASOBOiSM】銀行員ラッパーの読み方やプロフィール・経歴まとめ

ASOBOiSM(アソボイムズ)は長崎県生まれ横浜市戸塚区育ち(本人は戸塚区出身と公言しています!)の、女性ラッパー/シンガーソングライターです。

他国からのホームステイを受けいれる家庭で、留学してきた外国人と共に育っています。

両親は共に多言語教育に関わる仕事で、自然と外国語に触れて育ったASOBOiSMの日本語と英語を織り交ぜたスタイルは注目を集めています。

彼女らしいリアルな歌詞と、トラック作りの講師をしている経験、幅広い音楽性を持った女性ラッパーです。

HIPHOPシーンでも知名度はグングン上がり、戸塚区出身の先輩ラッパー、サイプレス上野との共演や、DJ HASEBE楽曲への参加など知名度急上昇。

この記事では、ASOBOiSMのプロフィールから、名前の由来、過去の経歴、銀行員ラッパー、OLラッパー、仲のいい人物、オススメの音源も合わせてご紹介します。

ASOBOiSMのプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

ASOBOiSM(@asobo_ism)がシェアした投稿

 MCネームASOBOiSM
本名田中
生年月日1994年12月4日
身長148cm
出身長崎県生まれ
2ヶ月後に引っ越し、以後は、神奈川県横浜市戸塚区で育つ
SNSTwitter / Instagram

名前の由来


元々、シンガーソングライターとして音楽活動がスタートし、2015年にシンガーソングライター「たまな」がデビューします。

しかし、やりたかった音楽じゃないことに矛盾を感じ、大学生時代に知り合った、イタリア人DJと2人組で、ラップユニットを2017年にスタートします。

「遊ぼう×リズム=ASOBOiSM(アソボイズム)」をプロジェクトに掲げ、活動していましたが、突然DJと音信不通になり、ソロプロジェクトとして再スタートします。

家族

両親は、多言語教育に関わる仕事をしています。

両親の教育方針として、彼女は幼い頃から21ヶ国語を学びます。

3つ上の兄がいます。

両親は共にギターが趣味で、父親は自作曲をカセットテープに録音していたほどです。

父が使っていたギターを持ちだして、シンガーソングライターを始めたと話しています。

学生時代

小学校1年生からピアノを習い、中学校1年生から吹奏楽部に入部します。

吹奏楽部ではドラムを担当し、最後は部長に。高校に入ってからは、軽音部でドラムを叩き、バンドを組んでいます。

大学に入って、両親がやっていた、ギターを始めます。

性格

子供の頃から外国人と交流していて、当時から人種に関係なく誰にでも心を開くオープンな子供だったと話しています。

音楽活動の中でも、アーティストに自らオファーをしにいく積極的な性格がでています。

留学

両親のススメからか小学校5年生の時に、1人でロシアに2週間ホームステイします。

高校2年生の時に、アメリカ、テキサス州ヒューストンへ1年間留学します。

アメリカの高校では、ジャズを演奏するサークルに入っています。

ドラムもやって、パーカッションもやって、演劇もやっていました。

留学先の、ホストママのススメで、興味を持ったことはドンドンやっています。

好きなアーティスト

両親の影響からか初めて買ったCDは、アメリカのカントリーグループ:ラスカル・フラッツです。

洋楽を好んで聴いていて「ジャスティン・ビーバー」は、日本武道館に観に行くほど好きだったようです。

ファッション

 

この投稿をInstagramで見る

 

ASOBOiSM(@asobo_ism)がシェアした投稿


ミュージックビデオでは、明るくて、ポップなファッションを取り入れています。

ラップを始めてからは髪型もドレッドや金髪に、サングラスをかけてライブに出演しています。

また、1stアルバム「OOTD」をリリースすると、ネットでASOBOiSM SHOPを立ち上げ、オリジナルデザインのスウェットを販売しています。

《ASOBOiSM SHOP》

ASOBOiSMの過去・経歴

シンガーソングライター「たなま」として活動を始め、大学進学の頃からギターで楽曲制作を始めます。

Youtubeにオリジナル音源を投稿しながら、デビューを目指します。

19歳の時に、新人発掘オーディションで合格し、ギターで弾き語るシンガーソングライターとして、「たなま」名義で音楽活動をスタートします。

HIPHOPとの出会い

 

この投稿をInstagramで見る

 

ASOBOiSM(@asobo_ism)がシェアした投稿


青山のライヴハウスで観た2人組アーティスト「MOROHA」の影響により、1年ほどでシンガーソングライター”たなま”の活動を終了し、地元戸塚区の先輩ラッパー、サイプレス上野を聴きます。

その後、2016年10月20日号雑誌「Switch」に掲載された、”みんなのラップ”特集で、日本語ラップに出会い、様々な日本語ラップアーティストを聴くようになります。

ラップを始めたきっかけ

シンガーソングライターの頃から楽曲制作をやりたい気持ちは変わらず、MOROHAのギターとラップのセッションスタイルを観てラップを始めます。

ラッパーとしての経歴

2017年7月にリリースした、初の4曲入りEP「DWBH」が、タワーレコード未流通コーナーで初登場1位を獲得します。

hoyu「beauteenアンティーカラー」webCM曲の提供や、ネット小説大賞受賞作品に選ばれた、「隣の席の佐藤さん」webCM楽曲を提供します。

2019年8月2日付けの、Apple Music”今週のNew Artist”に選ばれ、グングン知名度を上げていきます。

2020年4月に、NHK Eテレ「ねこねこ日本史」エンディング主題歌の参加、2020年10月16日に、待望の1stフルアルバム「OOTD」をリリースします。

その他、『僕のヒーローアカデミア』×『モンスト』コラボCMソングへのラップ参加、アイドルへの楽曲提供や、アサヒ飲料”WILKINSON”にwebCM出演するなど、多岐にわたり活動しています。

デビュー曲


2017年にリリースした、”Don’t Worry Be Happy”で、作詞作曲をしています。

ポップなトラックと、軽快なラップと歌が、可愛い女の子をイメージさせるような作品です。

ラップスタイル

ゆるっとしたラップや畳みかけるラップで、ホンネを吐き出すスタイルです。

ありふれた日常のホンネをと歌をかけ合わせて、キャッチーなメロディで作り上げています。

社会人の現状やリアルな感情を書く歌詞など、共感を持てるスタイルは魅力の1つです。

プレイグラウンドミュージック(遊べる音楽)をコンセプトに掲げ、これからも楽しみなラップスタイルです。

銀行員ラッパー,OLラッパー

OLとして働きながらラップを続けています。

銀行員として働いていた経歴もあり、頭の良さが伺えますね。

TBSラジオ、「アフター6ジャンクション」にゲスト出演際に、ライムスターの宇多丸から、銀行員ラッパーと命名されたそうです。

社会生活でのホンネを、2020年7月にリリースした”ナイーブ”で書き下ろしています。

所属しているレーベルやチーム

 

この投稿をInstagramで見る

 

ASOBOiSM(@asobo_ism)がシェアした投稿


自主レーベルのようです。

ZOOMGALS(ズームギャルズ)というグループに所属しています。

6人のギャルが、コロナウイルスの自粛期間中に、ギャルラッパー・valknee(バルニー)の呼びかけでスタートしています。

仲のいい人物

 

この投稿をInstagramで見る

 

ASOBOiSM(@asobo_ism)がシェアした投稿

なみちえ

ASOBOiSMが所属している6人組のギャルラッパーグループ、「ZOOM」のメンバーです。

なみちえとは、Youtubeを見て自らアタックし、友達になったそうです。

後に、「HAPPOUBIZIN」で、共演しています。

2020年10月に、2人で、Youtubeライブ配信をしています。

オススメの音源

ASOBOiSM Feat.なみちえ / HAPPOUBIZIN


自身初の、セルフプロデューストラックした曲です。

なみちえのシリアスな歌詞と、ASOBOiSMのバイリンガルを感じさせる歌詞に、浮遊感あるトラックが、心地よく聴こえてくる絶妙なバランスで、個性ある曲になっています。

ASOBOiSM Feat.サイプレス上野 / TOTSUKA


ASOBOiSMが育った、戸塚について歌っています。

同じく、戸塚出身の先輩ラッパー、サイプレス上野をフィーチャリングし、地元愛を詰め込んだ、HIPHOPライクな作品です。

私も、HIPHOPをよく聴きますので、ストレートなHIPHOPトラックと、サイプレス上野と、”今と過去”の戸塚をラップで表現し、ラッパーASOBOiSMを聴きいってしまう曲で、オススメです。

ASOBOiSM / ナイーブ


ASOBOiSMの代名詞でもある、自身の社会生活をせきららに綴った1曲です。

不満を吐き出せない自分と、希望と現実のギャップに苛立ちを隠せない気持ちを、R&B色の強いメロディーにのせて歌う、シンガーとしての一面を見せる1曲です。

ASOBOiSM / PRIDE


彼女が、作詞作曲しています。

日常で感じるプライドを、ASOBOiSMがラップで突っ込む、ポップでアッパーなトラックにのせている、ダンスチューンです。

ASOBOiSMの音楽性の幅を感じさせる、オススメの曲です!

Valkee,田島ハルコ,なみちえ,ASOBOiSM,Marukido,あっこゴリラ / Zoom


コロナ過の中、6人がそれぞれ自宅で録音しています。

ASOBOiSMは、銀行員として働きながらラップする、自分の気持ちを書いています。

6人の個性が集まった、アッパーチューンです。

Zoomは、ZOOMGALSと改め、楽曲をリリースします。

まとめ

ASOBOiSMは、等身大の自分を表現できるのも、魅力ある部分でしょう。

楽曲制作と、メディアからも注目される作詞家としての才能を、これからもラップで聴かせてくれることを、楽しみにしています。

最後までご観覧頂き、ありがとうございます。

ABOUT ME
ラップ&CBD
ラップ&CBD管理人。